ニュース

メディア

2014|2015年間プログラムのダウンロード

2014/2015年シーズンのプログラムが、PDFでダウンロードできます。

DVDリリース

クリスティアン・ティーレマンとドレスデン・シュターツカペレの待望のブラームス交響曲全集がDVDで登場しました。

機関誌『Glanz & Klang』

ドレスデン・シュターツカペレのシュターツカペレの機関誌『Glanz & Klang』の最新号が、こちらからダウンロードできます。

Saison 2013 // 2014

2014/15年シーズンへようこそ!

ドレスデン・シュターツカペレの2014/15年シーズンでは、バロックから現代にまでわたる幅広いレパートリーがお楽しみいただけます。クリスティアン・ティーレマン(首席指揮者)チョン・ミョンフン(首席客演指揮者)をはじめとして、アントニ・ヴィット、ヘルベルト・ブロムシュテット、ダニエーレ・ガッティ、ラインハルト・ゲーベル、ヴラディミール・ユロフスキ、クリストフ・エッシェンバッハという著名指揮者が登場。ソリストも、ルドルフ・ブフビンダー、クリスティアン・ツィメルマン、アルカディ・ヴォロドス、ニコライ・ズナイダー、ルネ・フレミング、クリスティアン・ゲルハーヘルと、豪華な顔ぶれが勢揃いします。

カペル・コンポーザー

今シーズンのカペル・コンポーザーは、ソフィア・グバイドゥーリナです。彼女の作品は、これまでのテーマ作曲家と同様、シンフォニーから室内楽にいたる様々な分野で演奏されます。ふたつのヴァイオリン協奏曲のほか、合唱とオーケストラのための新作(2015年4月18日、フラウエン教会)、フルートとクラリネットのための二重協奏曲が初演される予定です。

カペル・ヴィルトゥオーゾ

2014/15年シーズンのカペル・ヴィルトゥオーゾは、ギドン・クレーメルです。35年以上にわたり国際的ヴァイオリニストとしてのキャリアを誇るだけでなく、個性的な音楽家として広い分野で活躍。ドレスデン・シュターツカペレでも、グバイドゥーリナのふたつのヴァイオリン協奏曲を演奏するほか、クレメラータ・バルティカと「私のロシア」と題された演奏会を行う予定です。また、国際ショスタコーヴィチ・ターゲにも出演し、室内楽を演奏します。