ザルツブルク・イースター音楽祭:室内オペラ

ペーター・ティリンク 指揮
サラ・マリア・ズン エルザ/ローエングリン
Shan Huang Tenor
Rupert Grössinger Bariton
Alexander Voronov Bass
oenm · österreichisches ensemble für neue musik

    サルヴァトーレ・シャリーノ

    • 《ローエングリン》
    • 09.04.2017
      15:00 Uhr
      Grosse Universitätsaula
      チケット
      (externer Ticketanbieter)
    • 12.04.2017
      22:00 Uhr
      Grosse Universitätsaula
      チケット
      (externer Ticketanbieter)
    • 16.04.2017
      15:00 Uhr
      Grosse Universitätsaula
      チケット
      (externer Ticketanbieter)

    ペーター・ティリンク

    2011年バイロイト音楽祭にて代役を務めたワーグナー「タンホイザー」を成功に導き、国際的な注目を集める。これまでトーマス・ヘンゲルブロック、フランツ・ウェルザー=メスト、ニコラウス・アーノンクールなどのアシスタントを務めた。近年はロンドン・フィル、バイエルン放送交響楽団、ユンゲ・ドイチェ・フィルなどを指揮するほか、自身の現代音楽のアンサンブルrisonanze errantiの活動にも力を入れている。

    2016/17年シーズン、ティリンクはザルツブルク・イースター音楽祭との共同制作であるシャリーノのオペラ《ローエングリン》を指揮する。

    サラ・マリア・ズン

    これまでサイモン・ラトル、ケント・ナガノ、トーマス・ヘンゲルブロック、スザンナ・メルッキらと共演している。特に20世紀と21世紀の声楽作品に力を入れており、そのレパートリーは600曲にも及ぶ。

    2016年にはミュンヘンでイザベル・ムンドリーとニコラウス・ブラスの新作を初演し、ハンブルクでディーター・シュネーベルのソプラノソロのための新作を歌う。