シュターツカペレ・オープンエア

オメール・メイル・ウェルバー 指揮
Piotr Beczala テノール

リヒャルト・ワーグナー

  • 《タンホイザー》序曲

ジュゼッペ・ヴェルディ

  • Ouvertüre zu »Nabucco«

ジャコモ・プッチーニ

  • »E lucevan le stelle« aus »Tosca«

ジョルジュ・ビゼー

  • Vorspiel zum 3. Akt »Carmen«, »Blumenarie«

ジャコモ・プッチーニ

  • 《交響的前奏曲》イ長調

Jules Massenet

  • »Pourquoi me réveiller« aus »Werther«

ジュゼッペ・ヴェルディ

  • 《運命の力》序曲

Natur und Klang

Erlesener Musikgenuss unter freiem Himmel: Wie jedes Jahr im Juni verwöhnt die Staatskapelle Dresden Liebhaber der klassischen Musik mit einem Open-Air-Konzert der besonderen Klasse. Unter dem Gewölbe des Firmaments werden Sie in die Welt der Klänge entführt – eine faszinierende, gleichwohl entspannte Atmosphäre außerhalb des Konzertsaals mit hochkarätigen Musikern und Künstlern. Omer Meir Wellber und die Sächsische Staatskapelle Dresden freuen sich auf Sie!

  • 15.06.2018
    20:00 Uhr
    Die Gläserne Manufaktur von Volkswagen

オメール・メイル・ウェルバー

指揮

オメール・メイル・ウェルバーは、1981年イスラエル生まれ。2011年にロリン・マゼールの後継者としてバレンシア・ソフィア王妃アーツ・ホールの音楽監督に就任した。08年から10年にかけては、ベルリン国立歌劇場、ミラノ・スカラ座でダニエル・バレンボイムのアシスタントも務めている。

ドレスデン国立歌劇場では、《ダフネ》のプレミエを担当。イスラエル・フィル、ベルリン・ドイツ響、フランクフルト放送響などにも客演している。