ドレスデン・シュターツカペレ ジルベスター・コンサート

クリスティアン・ティーレマン 指揮
Angela Denoke Sopran
エリーザベト・クルマン メゾソプラノ
ダニエル・ベーレ テノール

Klänge zum Übergang

Mit einem »Guten Rutsch ins neue Jahr!« verabschieden sich die Staatskapelle Dresden und ihr Chefdirigent Christian Thielemann vom Jahr 2017 und laden Sie ein, den Silvesterabend in anregender Gesellschaft zu verbringen. Während auf Dresdens Straßen die Vorbereitungen für Raketenknaller, Böller und Glockengeläut laufen, kommt es in der Semperoper zu einem Feuerwerk der Töne und Klänge. Mit dabei natürlich eine bestens aufgelegte Staatskapelle, die viele musikalische Überraschungen bereithält.

Sendetermin: 31. Dezember 2017, ab 17.30 live im ZDF
  • 30.12.2017
    20:00 Uhr
    Semperoper
    チケット
    チケット価格:
    135.00 – 200.00 €
  • 31.12.2017
    17:15 Uhr
    Semperoper
    チケット
    チケット価格:
    120.00 – 250.00 €

クリスティアン・ティーレマン

首席指揮者

2012/2013シーズンより、首席指揮者としてドレスデン・シュターツカペレを率いる。熱狂的な就任記念演奏会の後、『フランクフルター・アルゲマイネ・ツァイトゥング』紙は、ティーレマンがオーケストラを「誉れ高い奇跡とも呼べるハープの響き」へ導いたと評した。 ティーレマンのキャリアは1978年、ベルリン・ドイツ・オペラでコレペティートルに採用された時から始まる。ゲルゼンキルヒェン、カールスルーエ、ハノーファーで経験を積んだ後、1985年にデュッセルドルフのライン歌劇場のカペルマイスターとなり、1988年には当時、ドイツ国内では最年少でニュルンベルク州立歌劇場の音楽監督に就任した。1997年、古巣ベルリン・ドイツ・オペラの音楽監督に就任。7年間務めた後、2004年から2011年まではミュンヘン・フィルハーモニー管弦楽団の音楽監督を務めた。

ドイツ・ロマン派のオペラ、またコンサートレパートリーにおいて、ティーレマンの解釈は模範的なものとして世界的に知られている。2000年のデビュー以来、バイロイト音楽祭には毎年客演を重ねる。2011年のザルツブルク音楽祭ではR・シュトラウスの《影のない女》を指揮し、『オーパンヴェルト』誌の「年間最優秀指揮者」に選ばれた。ドレスデン・シュターツカペレとのブラームス・チクルスはCD、DVD化されているほか、ウィーン・フィルハーモニー管弦楽団とはベートーヴェン交響曲全集を収録している。 2013年よりザルツブルク・イースター音楽祭の芸術監督。ロンドンの王立音楽アカデミーから名誉会員の資格を授与されたほか、フランツ・リスト・ヴァイマール音楽大学および、ベルギーのルーヴェン・カトリック大学より、名誉博士としての学位を授与されている。

Angela Denoke

Für die großen Frauenrollen von Strauss und Wagner ist Angela Denoke eine weltweit gefragte Sängerin. Doch schon seit Kindheitstagen hat sie ein großes Faible für die Operette. Geboren in Stade studierte Angela Denoke im nahen Hamburg an der Hochschule für Musik und Theater. Sie begann ihre Karriere als Ensemblemitglied in Ulm und Stuttgart. 1997 war sie als Marie in Alban Bergs Oper »Wozzeck« erstmals bei den Salzburger Festspielen zu Gast und debütierte an der Wiener Staatsoper im »Rosenkavalier« von Richard Strauss als Marschallin. Mit dieser Partie trat sie 2000 auch in der Dresdner Semperoper sowie 2005 in der Metropolitan Opera in New York auf. Neben der Marschallin gehört Emilia Marty aus »Die Sache Makropulos« von Leoš Janáček zu ihren Paraderollen. 2009 debütierte Angela Denoke damit an der Mailänder Scala, ein Auftritt, der dort ebenso umjubelt wurde, wie in diesem Jahr in Salzburg. 1999 wurde sie von der Zeitschrift »Opernwelt« zur Sängerin des Jahres gewählt, 2007 gewann sie den Deutschen Theaterpreis »Der Faust« für ihre Interpretation der »Salome« von Richard Strauss. 2009 wurde sie zur Österreichischen Kammersängerin ernannt.

Angela Denoke hat zahlreiche CDs aufgenommen, darunter Richard Wagners »Die Walküre« und »Fidelio« von Ludwig van Beethoven. Angela Denoke widmet sich aber nicht nur klassischem Repertoire. Mit ihrem Jazz- und Liedprogramm »Von Babelsberg bis Beverly Hills«, in dem sie die Ära von Marlene Dietrich und Zarah Leander feiert, machte sie unter anderem an den Opernhäusern von München, Berlin, Barcelona, Paris und Mailand Station. Ihr Kurt-Weill-Abend »Two Lives to Live« hatte bei den Salzburger Festspielen 2011 Premiere. 

エリーザベト・クルマン

エリーザベト・クルマンは、オーストリア出身。現代を代表するメゾソプラノ歌手として活躍し、カルメン、フリッカ、ヴァルトラウテ、ブランゲーネをウィーン国立歌劇場ほかで歌っている。

コンサート歌手、リート歌手としても高く評価され、ウィーン・フィル、バイエルン放送響、クリーヴランド管、ドレスデン・シュターツカペレに登場している。

ダニエル・ベーレ

ダニエル・ベーレは、ハンブルク出身。ベルリン放送響、チェコ・フィル、ハンブルク響などに出演した他、ドレスデン・シュターツカペレには、2014年春のザルツブルク・イースター音楽祭の《アラベラ》(クリスティアン・ティーレマン指揮)でデビューしている。

リート歌手として高く評価され、《美しき水車小屋の娘》、《詩人の恋》、R・シュトラウス歌曲集をリリースしている。