ショスタコーヴィチ・ターゲ(特別演奏会)

ゲンナジー・ロジェストヴェンスキー 指揮

    ドミトリー・ショスタコーヴィチ

    • 交響曲第1番へ短調 op. 10
    • 交響曲第15番イ長調 op. 141

    2017年からゴーリッシュの国際ショスタコーヴィチ・ターゲのオープニング公演が、ゼンパーオーパーで開催されることになりました。今回はロシアの指揮者界の伝説的存在といえるゲンナジー・ロジェストヴェンスキーが、ショスタコーヴィチの最初と最後の交響曲を指揮します。

    • 22.06.2017
      20:00 Uhr
      Semperoper
      チケット
      チケット価格:
      31.00 – 57.00 €

    ゲンナジー・ロジェストヴェンスキー

    モスクワ音楽院でレフl・オボーリンにピアノを、指揮を父に学ぶ。弱冠20歳でボリショイ劇場にデビューし、1964年から70年まで首席指揮者を務めた。その後、ソヴィエト国立文化省交響楽団の音楽監督となり、数々の作品のロシア初演をした。

    これまでBBC交響楽団、ウィーン交響楽団、ロイヤル・ストックホルム・フィルの首席指揮者を歴任した。400以上の膨大な録音をしてきたことでも知られる。。