ヴィデオ・リスト

トーマス・ハンプソンとのインタビュー

ドレスデン・シュターツカペレ2013/14シーズンの第1回定期演奏会では、クリスティアン・ティーレマン指揮、トーマス・ハンプソンの独唱で、ハンス・アイスラー作曲のバリトンと弦楽合奏のための《真摯な歌》が上演されました。当団ドラマトゥルーグのトビアス・ニーダーシュラークが、この作品についてトーマス・ハンプソンと対話をします。