ヴィデオ・リスト

グスタフ・マーラー・ユーゲント管(第2話)

2013/14年の幕開けには、フィリップ・ジョルダン指揮のグスタフ・マーラー・ユーゲント管がゼンパーオーパーに客演し、ショスタコーヴィチ「交響曲第5番」とラヴェル「ピアノ協奏曲」(ソロ:ジャン=イヴ・ティボーデ)を演奏しました。ここでは、ジョルダンがショスタコーヴィチの「交響曲第5番」について語っています。