クリスティアン・ランガー

1969年、ライプツィヒ近郊のボルナ生まれ。1987年から91年までライプツィヒ音大でカール・メーリヒのもとに学ぶ。ケムニッツのローベルト・シューマン・フィルの首席ティンパニ奏者を経て、1999年よりドレスデン・シュターツカペレの副首席ティンパニ奏者を務めている。

オーケストラ活動のほかに、ドレスデンのカール・マリア・フォン・ウェーバー音大で講師を務めている。