ヨアヒム・ハンス

ソロ・ファゴット奏者

1972年、ハッヒェンブルク生まれ。13歳でファゴットを始め、1992年からフライブルク音大でカール=オット・ハルトマンに学んだ。1995年にエッセン・フィルのソロ・ファゴット奏者となり、翌年ドレスデン・シュターツカペレに同じポストで移籍した。1999年からはバイロイト祝祭管弦楽団でも演奏している。

ドレスデン・シュターツカペレでは、ソリストとしてもライナー・ミュールバッハ、ジョルジュ・プレートル、サー・コリン・デイヴィスと共演した。オーケストラ活動のほか、ドレスデンのカール・マリア・フォン・ウェーバー音大で講師を務めている。