ティーレマンとシュターツカペレ

クリスティアン・ティーレマンとドレスデン・シュターツカペレのポートレートです。彼らのリハーサルやコンサートでの演奏ぶり、団員のインタビュー等をご覧ください。

Trailer zur neuen DVD mit der 8. Symphonie von Anton Bruckner

Ebenfalls neu erschienen: die DVD mit der Aufnahme der 8. Symphonie von Anton Bruckner anlässlich des Benefizkonzerts der Bundespräsidenten im Juni 2013 in der Dresdner Semperoper.

Trailer zur Gesamtaufnahme der Brahms-Symphonien

Frisch gepresst: Bei CMajor ist die Gesamtaufnahme der Brahms-Symphonien erschienen. Entstanden sind die Aufnahmen unter der Leitung von Christian Thielemann in der Semperoper (Nr. 2 und 4) sowie der NHK Hall in Tokio (Nr. 1 und 3). Auf einer Bonus-DVD sehen Sie Christian Thielemann im Interview.

Trailer zur CD mit dem 2. Klavierkonzert von Johannes Brahms

Jetzt liegt auch der Mitschnitt des 2. Klavierkonzerts von Johannes Brahms mit dem Ausnahmepianisten Maurizio Pollini vor. Am Pult der Sächsischen Staatskapelle Dresden stand erneut Christian Thielemann. Sehen Sie hier einen Trailer.

Gesammelte Reaktionen nach der »Arabella«-Premiere

Axel Brüggemann mit Gesprächen und ersten Einschätzungen unmittelbar nach der »Arabella«-Premiere der Osterfestspiele Salzburg 2014.

Helga Rabl-Stadler zur »Arabella«-Premiere

Hier äußert sich Helga Rabl-Stadler, die Präsidentin der Salzburger Festspiele, zur »Arabella«-Premiere.

Jan Nast zum Festspiel-Auftakt

Auch Jan Nast, Orchestserdirektor der Sächsischen Staatskapelle Dresden, äußert sich zufrieden über den Osterfestspiel-Auftakt in Salzburg. 

Peter Alward über die »Arabella«-Premiere

Peter Alward, der geschäftsführende Intendant der Osterfestspiele Salzburg, zeigt sich im Gespräch mit Axel Brüggemann glücklich über die soeben zu Ende gegangene »Arabella«-Premiere.

Peter Alward im Gespräch

Peter Alward, der Intendant der Osterfestspiele Salzburg, im Gespräch mit Martin Morgenstern kurz vor der Eröffnungspremiere der »Arabella« von Richard Strauss.

Daniel Behle im Porträt

Daniel Behle war bei der»Arabella«-Produktion der Osterfestspiele Salzburg 2014 in der Rolle des Matteo zu erleben. Wir haben ihn am Tag der Generalprobe mit der Kamera begleitet.

ヴァレンティーナ・リシッツァ、ラフマニノフを語る

第5回定期演奏会に出演するリシッツァが、ラフマニノフ「パガニーニの主題による狂詩曲」について語ります。

ルドルフ・ブフビンダーがベートーヴェンを弾き振り!

第4回定期演奏会では、2012/13年シーズンのカペル・ヴィルトゥオーゾ、ルドルフ・ブフビンダーが客演。ベートーヴェンのピアノ協奏曲を弾き振りしました。ここでは、指揮者としての役割についても語っています。

グスタフ・マーラー・ユーゲント管(第7話)

グスタフ・マーラー・ユーゲント管の客演演奏会では、ジャン=イヴ・ティボーデがソロを務めました。ここでは、ラヴェルのピアノ協奏曲ト長調について語っています。

グスタフ・マーラー・ユーゲント管(第6話)

2013/14年の幕開けには、フィリップ・ジョルダン指揮のグスタフ・マーラー・ユーゲント管がゼンパーオーパーに客演し、ショスタコーヴィチ「交響曲第5番」とラヴェル「ピアノ協奏曲」(ソロ:ジャン=イヴ・ティボーデ)を演奏しました。

グスタフ・マーラー・ユーゲント管(第5話)

グスタフ・マーラー・ユーゲント管の演奏会の続編映像です。

インタビュー:ヘルベルト・ブロムシュテット

第3回定期演奏会に当たり、ヘルベルト・ブロムシュテットがアルファベットの「S」をテーマにインタビューを受けています。この「S」は、とりわけStaatskapelleのSを意味するものです。

グスタフ・マーラー・ユーゲント管(第4話)

2013/14年の幕開けには、フィリップ・ジョルダン指揮のグスタフ・マーラー・ユーゲント管がゼンパーオーパーに客演し、ショスタコーヴィチ「交響曲第5番」とラヴェル「ピアノ協奏曲」(ソロ:ジャン=イヴ・ティボーデ)を演奏しました。ここでは、ジョルダンのインタビューや演奏会映像の続編をご覧ください。

グスタフ・マーラー・ユーゲント管(第3話)

2013/14年の幕開けには、フィリップ・ジョルダン指揮のグスタフ・マーラー・ユーゲント管がゼンパーオーパーに客演し、ショスタコーヴィチ「交響曲第5番」とラヴェル「ピアノ協奏曲」(ソロ:ジャン=イヴ・ティボーデ)を演奏しました。ここでは、ジョルダンのショスタコーヴィチについての談話の続編をご覧ください。

グスタフ・マーラー・ユーゲント管(第2話)

2013/14年の幕開けには、フィリップ・ジョルダン指揮のグスタフ・マーラー・ユーゲント管がゼンパーオーパーに客演し、ショスタコーヴィチ「交響曲第5番」とラヴェル「ピアノ協奏曲」(ソロ:ジャン=イヴ・ティボーデ)を演奏しました。ここでは、ジョルダンがショスタコーヴィチの「交響曲第5番」について語っています。

グスタフ・マーラー・ユーゲント管(第1話)

2012年より、ドレスデン・シュターツカペレはグスタフ・マーラー・ユーゲント管のパートナーとなっています。このオーケストラは、若い音楽家たちが、オーケストラ演奏の経験を集める場所として、既に20年以上の歴史を持っています。現在では、例年9月のシーズン・オープニングに定期的に客演しています。

修復されたストラディヴァリ

2013年10月21日、ドレスデン・シュターツカペレ所有のストラディヴァリの修復についての記者会見が開かれました。この楽器は、1910年に損傷を受けたものですが、この度完全に修復され、コンサート用楽器として使用可能となりました。10月23日の第2回室内楽演奏会で、お披露目演奏が行われました。

リヒャルト・ワーグナーの誕生日パーティー

2013年リヒャルト・ワーグナー生誕200周年を迎え、ドレスデン・シュターツカペレはゼンパーオーパーと劇場前広場でお祝いをしました。いくつかのサプライズも用意されました。

トーマス・ハンプソンとのインタビュー

ドレスデン・シュターツカペレ2013/14シーズンの第1回定期演奏会では、クリスティアン・ティーレマン指揮、トーマス・ハンプソンの独唱で、ハンス・アイスラー作曲のバリトンと弦楽合奏のための《真摯な歌》が上演されました。当団ドラマトゥルーグのトビアス・ニーダーシュラークが、この作品についてトーマス・ハンプソンと対話をします。

ブラウンシュヴァイクでの客演

2013年9月、ドレスデン・シュターツカペレはクリスティアン・ティーレマン指揮のもとブラウンシュヴァイクでコンサートを行い、ドレスデン宮廷指揮者であったリヒャルト・ワーグナーの誕生記念を再度祝いました。ワーグナー・ガラでは、スターテノール歌手のヨハン・ボータがソリストを務めます。

新作DVD:ザルツブルク・イースター音楽祭の《パルジファル》

2013年、ドレスデン・シュターツカペレはクリスティアン・ティーレマン指揮により、ザルツブルク・イースター音楽祭にデビューし、ワーグナーの《パルジファル》を上演しました。今回DVD化され、こちらではその予告編がご覧いただけます。ワーグナーファン必見の舞台です。

ルツェルン音楽祭

2011年9月、ドレスデン・シュターツカペレは首席指揮者クリスティアン・ティーレマンと共にルツェルン音楽祭に出演しました。当団ドラマトゥルーグのトビアス・ニーダーシュラークがプログラムについて、またドレスデン・シュターツカペレとルツェルンとの特別な関係について語ります。

クラシック・ピクニック2013

ドレスデン・シュターツカペレはミハイル・ユロフスキ指揮により、第6回クラシック・ピクニックの公演を行いました。ドレスデン・シュターツカペレのパートナーである「ガラスの工房」内の芝生で行われた当公演では、ショスタコーヴィチ、アルトュニアン、グリンカ、チャイコフスキーなどの作品に聴取は熱狂しました。

ティーレマン首席指揮者就任記念特別演奏会のDVD

2012年9月、クリスティアン・ティーレマンはドレスデン・シュターツカペレ首席指揮者就任記念特別公演でブルックナーの交響曲第7番を指揮したほか、ソプラノ歌手のルネ・フレミングがフーゴ・ヴォルフの歌曲集を見事に歌い上げました。当夜の模様を収めたDVDが早くも発売されました。ぜひご覧ください。

ヤン・ナーストとのインタビュー

当団事務局長ヤン・ナーストのインタビューです(聞き手はミヒャエル・エルンスト)。2013年に行われたリヒャルト・ワーグナー生誕200周年記念ツアーと、新首席指揮者クリスティアン・ティーレマンと迎えた最初のシーズンについて語ります。

ヴェネチアでのボート移動

ヴェネツィアのフェニーチェ劇場での客演の際、ドレスデン・シュターツカペレの楽器は水路を使って運ばれます。全ての楽器のケースを運ぶのに3つのはしけを使います。運送会社のスタッフが巧みな技を使って、せまい運河を移動しながら大切な楽器を目的地まで運ぶ様子はとても印象的です。

ホルスト・ベーム博士とのインタビュー

ウィーンのコンサート・エージェント「Dr. Raab & Dr. Böhm」は、40年近くもの間、ドレスデン・シュターツカペレの演奏旅行に携わってきました。当時の社長ホルスト・ベーム博士とのインタビューです。

パリからのビデオレター(ワーグナー生誕200年記念ツアー2013)

2013年5月24日、ドレスデン・シュターツカペレはワーグナー生誕200年記念ツアーの一環で、パリ・シャンゼリゼ劇場でコンサートを行いました。ワーグナーは1840年から1841年までパリで過ごし、ここで《リエンツィ》を完成させ、また《さまよえるオランダ人》を書いています。しかし、彼が望んだパリでの成功には長い時間を要することとなりました。

ワシントンD.C.からのビデオレター(アメリカ・ツアー2013)

ドレスデン・シュターツカペレはシカゴでの熱狂的なコンサートを終えた後、ワシントンD.C.に向かいました。アメリカ合衆国の首都の様子や練習風景、コンサートの様子をご覧ください。

リサ・バティアシヴィリとのインタビュー(アメリカ・ツアー2013)

ワシントンD.C.のストラスモアでのコンサート後の楽屋にて、リサ・バティアシヴィリとトビアス・ニーダーシュラークとの対談が行われました。バティアシヴィリが、アメリカとの関係や、クリスティアン・ティーレマン率いるドレスデン・シュターツカペレについて語ります。

シカゴからのビデオレター(アメリカ・ツアー2013)

2013年4月、ドレスデン・シュターツカペレは首席指揮者クリスティアン・ティーレマンと初めてアメリカの地を踏みました。リサ・バティアシヴィリ、クリスティアン・ティーレマン、ドレスデン・シュターツカペレの演奏家たちが熱狂的なスタンディング・オベーションを受けました。コンサート前のシカゴの様子をご覧いただけます。

バティアシヴィリ、ブラームスを弾く!

2011年6月に行なわれたリサ・バティアシヴィリ、クリスティアン・ティーレマン、ドレスデン・シュターツカペレによるCD録音風景です。ドイツ・グラモフォンによるブラームス「ヴァイオリン協奏曲」の収録で、ドレスデン・ルカ教会で行なわれました。

アレクサンダー・メラヴィリア=クリヴェッリとの対話

2012年11月、ドレスデン・シュターツカペレとグスタフ・マーラー・ユーゲント・オーケストラは、ウラジミール・ユロフスキの指揮によりフラウエン教会でコンサートを行い、ハンス・ヴェルナー・ヘンツェとルドルフ・バルシャイを祈念しました。このプロジェクトについて、グスタフ・マーラー・ユーゲント・オーケストラ事務局長のメラヴィリア=クリヴェッリが語っています。

ティーレマンの《ファウスト交響曲》

2011年2月、クリスティアン・ティーレマンとドレスデン・シュターツカペレは、リスト・イヤーを記念して《ファウスト交響曲》を上演しました。

ティーレマンの「ミサ・ソレムニス」

2010年2月、ティーレマンはドレスデン大空襲を祈念して、ベートーヴェンの「ミサ・ソレムニス」を演奏しました。

2010年ジルベスター・コンサート

2010年年のジルベスター・コンサートは33年ぶりにテレビ中継されました。レハールの《メリー・ウィドー》をクリスティアン・ティーレマンが指揮。ルネ・フレミングがハンナ・クラヴァリを歌っています。

ハーディングのシューマン

2010年3月、ダニエル・ハーディングがフラウエン教会でシューマン・イヤーの演奏会を行ないました。