Silvesterkonzert der Staatskapelle Dresden

フランツ・ヴェルザー=メスト 指揮

»Champagner hat’s verschuldet …«

Mit dem österreichischen Dirigenten Franz Welser-Möst und internationalen Gesangsgrößen verabschiedet die Staatskapelle das Jahr 2018. Johann Strauß’ »Die Fledermaus« steht im Mittelpunkt des Abends und ist als Paradestück der Wiener Operette mit dem großen Fest beim Prinzen Orlovsky im zweiten Akt ein Garant für Schwung und Champagnerseligkeit zum Jahresausklang.

Solisten werden später bekanntgegeben.

Sendetermin: 30. Dezember 2018, ab 22 Uhr im ZDF
  • 29.12.2018
    19:00 Uhr
    Semperoper
    チケット
    チケット価格:
    120.00 – 310.00 €
  • 30.12.2018
    18:00 Uhr
    Semperoper
    チケット
    チケット価格:
    120.00 – 310.00 €

フランツ・ヴェルザー=メスト

ロンドン・フィルハーモニー管弦楽団とチューリッヒ歌劇場で音楽監督を務めた後、2010年から14年までウィーン国立歌劇場の音楽監督を務めた。2002にはクリーヴランド管弦楽団の音楽監督に就任し、最近2022年まで契約を延長した。客演指揮者として、アメリカの著名オーケストラのほか、ベルリン・フィルハーモニー管弦楽団、グスタフ・マーラー・ユーゲント・オーケストラなどに定期的に呼ばれている。

ウィーン・フィルハーモニー管弦楽団とも度々共演しており、2011年と2013年のニューイヤーコンサートを指揮したほか、ルツェルン音楽祭、BBCプロムス、ザルツブルク音楽祭でも指揮している。CDとDVDの録音も多く、国際的な賞も度々受賞している。