Silvesterkonzert der Staatskapelle Dresden

フランツ・ヴェルザー=メスト 指揮
ヨナス・カウフマン テノール
Rachel Willis-Sørensen ソプラノ
エリーザベト・クルマン メゾソプラノ
Andreas Schager Alfred
Nikola Hillebrand Adele
Sebastian Wartig Falke
Michael Kraus Frank
Tahnee Niboro Ida
Beomjin Kim Dr. Blind
Sky du Mont Moderator
Christine Schütze Moderatorin
ドレスデン国立歌劇場合唱団 合唱指揮:イェルク・ヘンネルク・アンドレーセン

ヨハン・シュトラウス2世

  • »Die Fledermaus«

»Champagner hat’s verschuldet …«

Mit dem österreichischen Dirigenten Franz Welser-Möst und internationalen Gesangsgrößen – darunter Jonas Kaufmann mit seinem Rollendebüt als Eisenstein – verabschiedet die Staatskapelle das Jahr 2018. Johann Strauß’ »Die Fledermaus« steht im Mittelpunkt des Abends und ist als Paradestück der Wiener Operette mit dem großen Fest beim Prinzen Orlovsky im zweiten Akt ein Garant für Schwung und Champagnerseligkeit zum Jahresausklang.

Konzertdauer: ca. 90 Minuten, keine Pause

Sendetermin: 30. Dezember 2018, ab 22 Uhr im ZDF
  • 29.12.2018
    19:00 Uhr
    Semperoper
    Ausverkauft
  • 30.12.2018
    18:00 Uhr
    Semperoper

フランツ・ヴェルザー=メスト

ロンドン・フィルハーモニー管弦楽団とチューリッヒ歌劇場で音楽監督を務めた後、2010年から14年までウィーン国立歌劇場の音楽監督を務めた。2002にはクリーヴランド管弦楽団の音楽監督に就任し、最近2022年まで契約を延長した。客演指揮者として、アメリカの著名オーケストラのほか、ベルリン・フィルハーモニー管弦楽団、グスタフ・マーラー・ユーゲント・オーケストラなどに定期的に呼ばれている。

ウィーン・フィルハーモニー管弦楽団とも度々共演しており、2011年と2013年のニューイヤーコンサートを指揮したほか、ルツェルン音楽祭、BBCプロムス、ザルツブルク音楽祭でも指揮している。CDとDVDの録音も多く、国際的な賞も度々受賞している。

ヨナス・カウフマン

ヨナス・カウフマンは、世界中の主要歌劇場から引っ張りだこのテノール歌手。ロンドン、ウィーン、ミュンヘン、ベルリンの歌劇場を始め、メトロポリタン歌劇場、ミラノ・スカラ座など、その出演は常に大きな注目を集める。声楽の勉強を始める以前は、数学を専攻していた。リリックなテノールから出発し、おそらく現在世界でもっとも人気の高い若きヘルデンテノールである。レパートリーはベートーヴェン、シューベルトから、ベルリオーズ、ビゼー、マスネ、さらにヴェルディやワーグナーの大きな役にまで及ぶ。2010年、ローエングリン役でバイロイト音楽祭にデビューを果たし、絶賛を博した。2013年のワーグナーイヤーには、クリスティアン・ティーレマン指揮ドレスデン・シュターツカペレによる、生誕200周年特別演奏会に出演した。

リリックなテノールから出発し、おそらく現在世界でもっとも人気の高い若きヘルデンテノールである。レパートリーはベートーヴェン、シューベルトから、ベルリオーズ、ビゼー、マスネ、さらにヴェルディやワーグナーの大きな役にまで及ぶ。2010年、ローエングリン役でバイロイト音楽祭にデビューを果たし、絶賛を博した。2013年のワーグナーイヤーには、クリスティアン・ティーレマン指揮ドレスデン・シュターツカペレによる、生誕200周年特別演奏会に出演した。

Rachel Willis-Sørensen

2010年ニューヨーク・メトロポリタン歌劇場でのナショナル・カウンシル・オーディションと、翌2011年ウィーンのハンス・ガボール・ベルヴェデーレ歌唱コンクールを勝ち取り、国際的な注目を集める若きソプラノ。昨シーズンからはドレスデン国立歌劇場のアンサンブルに属している。ドレスデンでは新演出のモーツァルト《イドメネオ》のエレットラ役、アレヴィ《ユダヤの女》のラケル役でデビュー。ロンドン・ロイヤル・オペラハウスでの《フィガロの結婚》の伯爵夫人役、ヒューストン・グランド・オペラでの《ドン・ジョヴァンニ》のドンナ・アンナ役、ロサンジェルス・フィルのベートーヴェンの「第9」などにも客演した。

エリーザベト・クルマン

エリーザベト・クルマンは、オーストリア出身。現代を代表するメゾソプラノ歌手として活躍し、カルメン、フリッカ、ヴァルトラウテ、ブランゲーネをウィーン国立歌劇場ほかで歌っている。

コンサート歌手、リート歌手としても高く評価され、ウィーン・フィル、バイエルン放送響、クリーヴランド管、ドレスデン・シュターツカペレに登場している。

Andreas Schager

Der österreichische Heldentenor Andreas Schager studierte an der Universität für Musik in Wien und wird seit 2012 von Heidrun Franz Vetter in Berlin betreut. Zunächst war er im lyrischen Mozart- und Operettenfach zu Hause, bis er 2011 zu den Heldenpartien Wagners und Strauss‘ wechselte.

Auf sein vielbeachtetes Debüt im Sommer 2009 bei den Tiroler Festspielen Erl als David in »Die Meistersinger von Nürnberg« folgten schon bald die Partien des Florestan/»Fidelio«, Max/»Der Freischütz«, Rienzi/»Rienzi«, Tristan/»Tristan und Isolde« sowie Siegfried an kleineren und mittleren Theatern, bevor ihm mit dem Siegfried in der »Götterdämmerung« an der Mailänder Scala, an der Staatsoper Unter den Linden Berlin und bei den BBC Proms 2013 in Londen unter Daniel Barenboim der internationale Durchbruch gelang.
Seitdem arbeitet Andreas Schager regelmäßig an den großen Häusern und Festivals weltweit, wie der Metropolitan Opera, Opéra de Bastille, Wiener Staatsoper, Bayerischen Staatsoper München, Staatsoper Unter den Linden Berlin, Deutschen Oper Berlin, Staatsoper Hamburg, der Scala, dem Teatro Real Madrid, den Opernhäusern in Frankfurt, Leipzig und Wiesbaden sowie den Bayreuther Festspielen und mit Dirigenten wie Philippe Jordan, Daniel Barenboim, Christian Thielemann, Valery Gergiev, Simone Young, Daniele Gatti, Franz Welser-Möst und Riccardo Chailly.
 

Zu den letzten herausragenden Aufgaben gehören »Fidelio«, »Parsifal«, »Siegfried« und »Götterdämmerung« an der Staatsoper Unter den Linden Berlin unter Daniel Barenboim, Siegfried/Götterdämmerung an der Dresdner Semperoper unter Christian Thielemann, Tannhäuser an der Deutschen Oper Berlin, an der Wiener Staatsoper Apollo/»Daphne« unter Simone Young und Max/»Der Freischütz« unter Tomáš Netopil sowie die Titelpartie in Parsifal bei den Bayreuther Festspielen 2017 und 2018, an der Hamburgischen Staatsoper und an der Opéra Bastille.

Neben seinen Opernerfolgen ist Andreas Schager auch im Konzertbereich tätig. Highlights der letzten Jahre sind Auftritte mit dem Cleveland Orchestra unter Franz Welser-Möst in Cleveland und der Carnegie Hall, Gurrelieder in der Philharmonie de Paris und Beethovens neunte Symphonie im Wiener Konzerthaus mit den Wiener Philharmonikern jeweils unter Philippe Jordan, Mahlers achte Symphonie unter Riccardo Chailly in Luzern sowie Beethovens neunte Symphonie mit Marek Janowski und dem Rundfunk-Sinfonieorchester im Berliner Konzerthaus.
 

ドレスデン国立歌劇場合唱団

合唱指揮:イェルク・ヘンネルク・アンドレーセン