第5回定期演奏会

アンドレス・オロスコ=エストラーダ 指揮
Radu Lupu ピアノ

    ジャコモ・プッチーニ

    • 《交響的前奏曲》イ長調

    ヴォルフガング・アマデウス・モーツァルト

    • ピアノ協奏曲第21番ハ長調 KV 467

    エクトル・ベルリオーズ

    • 《幻想交響曲》op. 14

    Fluchten der Erfüllung

    »Die schönste Harmonie entsteht durch das Zusammenbringen der Gegensätze«, bemerkt der Vorsokratiker Heraklit. Als Mozart sein C-Dur-Klavierkonzert 1785 komponiert, steht er im Zenit seines Schaffens. Puccini legt mit dem »Preludio sinfonico« sein zweites Orchesterwerk vor, dessen Melodie zehn Jahre später in die Partitur von »Manon Lescaut« als Ausdruck »verzweifelter Leidenschaft« eingeht. Verzweifelte Leidenschaft liegt auch der »Symphonie fantastique« von Berlioz als »idée fixe« zugrunde.

    • 07.02.2018
      20:00 Uhr
      Semperoper
      チケット
      チケット価格:
      13.00 – 67.00 €
    • 08.02.2018
      20:00 Uhr
      Semperoper
      チケット
      チケット価格:
      23.00 – 82.00 €

    アンドレス・オロスコ=エストラーダ

    コロンビアに生まれ、ウィーンで学ぶ。2014/15年シーズンよりフランクフルトhr交響楽団の首席指揮者を務めると同時に、ヒューストン交響楽団の音楽監督も任されている。また、2015年9月にはロンドン・フィルハーモニー管弦楽団の首席客演指揮者となった。国際舞台のデビューは2004年、ウィーン楽友協会にてトーンキュンストラー管弦楽団を指揮したことにより注目を浴びる。2009年から15年までトーンキュンストラー管弦楽団の首席指揮者を、2009年から13年までバスク国立管弦楽団の首席指揮者を務めた。

     

    これまでにウィーン・フィル、ミュンヘン・フィル、ゲヴァントハウス管弦楽団、ロンドン交響楽団、バーミンガム市交響楽団などを指揮している。最近はアムステルダム・コンセルトヘボウ管弦楽団、ピッツバーグ交響楽団、イスラエル・フィルなどにデビューを果たした。

    Radu Lupu

    現代におけるもっとも著名なピアニストの一人ラドゥ・ルプーは、2013/2014シーズン、ドレスデン・シュターツカペレのカペル・ヴィルトゥオーゾを務める。 1945年にルーマニアに生まれたルプーは、6歳で最初のピアノレッスンを受けた。ブカレスト音楽院を卒業後、モスクワ音楽院にてスタニスラフ・ネイガウスに師事。すでに12歳のとき、自身が作曲したプログラムを携え、最初のコンサートを開く。 1966年ヴァン・クライバーン国際コンクール、1967年エネスコ国際コンクール、1969年リーズ国際ピアノ・コンクールと、3つの著名なピアノコンクールで優勝し、以降ロイヤル・コンセルトヘボウ管弦楽団、ウィーン・フィルハーモニー管弦楽団、ロンドンのすべてのオーケストラなど 、国際的なオーケストラのソリストとして定期的に登場している。1978年には、ヘルベルト・フォン・カラヤン指揮ベルリン・フィルハーモニー管弦楽団と、ザルツブルク音楽祭でデビューを果たした。また、1972年にカルロ・マリア・ジュリーニ指揮シカゴ交響楽団、ダニエル・バレンボイム指揮クリーヴランド管弦楽団でアメリカデビューをして以降、同地でも度々ソリストとして招聘されている。 ルプーはベネデッティ・ミケランジェリ賞(2006年)、イタリア批評家協会のアビアーティ賞(1989年と2006年)など数多くの表彰も受けている。今シーズン、ルプーはドレスデン・シュターツカペレのカペル・ヴィルトゥオーゾとして、ゼンパーオーパーや演奏旅行でクリスティアン·ティーレマンと共演し、また数少ない貴重なピアノリサイタルにも期待が寄せられる。

    Seitdem ist er regelmäßiger Gast bei so renommierten Orchestern wie dem Royal Concertgebouw Orchestra, allen Londoner Orchestern, den Wiener und den Berliner Philharmonikern, mit denen er unter Herbert von Karajan 1978 bei den Salzburger Festspielen debütierte. Auch in den USA ist Radu Lup u seit seinen ersten Konzerten mit dem Chicago Symphony Orchestra unter Carlo Maria Giulini und mit dem Cleveland Orchestra unter Daniel Barenboim im Jahr 1972 ein viel gefragter Solist. Radu Lupu wurde mit zahlreichen Ehrungen ausgezeichnet, darunter der Premio Internazionale Arturo Benedetti Michelangeli (2006) sowie der Abbiati-Preis der italienischen Kritikervereinigung (1989 und 2006). In der Saison 2013/2014 war Radu Lupu Capell-Virtuos der Sächsischen Staatskapelle.