11. Symphoniekonzert

アンドレス・オロスコ=エストラーダ 指揮
アンナ・ヴィニツカヤ ピアノ

モデスト・ムソルグスキー

  • 《禿山の一夜》(リムスキー=コルサコフ編)

セルゲイ・プロコフィエフ

  • Klavierkonzert Nr. 2 g-Moll op. 16

イゴール・ストラヴィンスキー

  • 《春の祭典》

Russische Tanzszenen

Mit einem russischen Programm kehrt Andrés Orozco-Estrada an das Pult der Sächsischen Staatskapelle zurück. Den Rahmen bilden zwei fulminante Orchesterwerke, deren Plot eine furchterregende Tanzszene in den Mittelpunkt stellt: Modest Mussorgskis »Eine Nacht auf dem kahlen Berge« handelt von einem Hexentanz in der Johannisnacht und Igor Strawinskys Ballettmusik »Le sacre du printemps« kulminiert im Todestanz einer dem Frühlingsgott geopferten Jungfrau. Anna Vinnitskaya wird Sergej Prokofjews 2. Klavierkonzert interpretieren.

 

Voraussichtliche Konzertlänge: 105 Minuten inklusive Pause

Eine kostenlose Konzerteinführung findet 45 Minuten vor Beginn im Opernkeller statt.

  • 09.06.2019
    11:00 Uhr
    Semperoper
    チケット
    チケット価格:
    82.00 €
  • 10.06.2019
    20:00 Uhr
    Semperoper
    チケット
    チケット価格:
    45.00 – 82.00 €
  • 11.06.2019
    20:00 Uhr
    Semperoper
    チケット
    チケット価格:
    67.00 – 82.00 €

アンドレス・オロスコ=エストラーダ

コロンビアに生まれ、ウィーンで学ぶ。2014/15年シーズンよりフランクフルトhr交響楽団の首席指揮者を務めると同時に、ヒューストン交響楽団の音楽監督も任されている。また、2015年9月にはロンドン・フィルハーモニー管弦楽団の首席客演指揮者となった。国際舞台のデビューは2004年、ウィーン楽友協会にてトーンキュンストラー管弦楽団を指揮したことにより注目を浴びる。2009年から15年までトーンキュンストラー管弦楽団の首席指揮者を、2009年から13年までバスク国立管弦楽団の首席指揮者を務めた。

 

これまでにウィーン・フィル、ミュンヘン・フィル、ゲヴァントハウス管弦楽団、ロンドン交響楽団、バーミンガム市交響楽団などを指揮している。最近はアムステルダム・コンセルトヘボウ管弦楽団、ピッツバーグ交響楽団、イスラエル・フィルなどにデビューを果たした。