12. Symphoniekonzert

マンフレート・ホーネック 指揮
フランク・ペーター・ツィンマーマン ヴァイオリン

アントニン・ドヴォルザーク

  • Konzertouvertüre »Karneval« op. 92

ボフスラフ・マルティヌー

  • Violinkonzert Nr. 2 H. 293

Franz von Suppé

  • Ouvertüre zur Operette »Dichter und Bauer«

ヨーゼフ・シュトラウス

  • »Die Libelle«, Polka mazur op. 204

ヨハン・シュトラウス2世

  • »Furioso Polka«, quasi Galopp op. 260
  • »Frühlingsstimmen«, Walzer op. 410
  • »Auf der Jagd«, Polka schnell op. 373
  • »Im Krapfenwald'l«, Polka française op. 336
  • »Unter Donner und Blitz«, Polka schnell op. 324

Saisonabschluss: Slawisch-Wienerisch

Nach dem Konzert zum 470. Gründungstag der Sächsischen Staatskapelle übernimmt Manfred Honeck für den erkrankten Franz Welser-Möst den Saisonabschluss. Mit Höhepunkten der habsburgischen Unterhaltungsmusik verabschiedet sich die Kapelle in den Sommer. Der erste Konzertteil ist voll slawischer Verve: Capell-Virtuos Frank Peter Zimmermann beschließt seine Residenz nach Bach, Mozart und Mendelssohn Bartholdy mit dem 1943 entstandenen zweiten Violinkonzert des Tschechen Bohuslav Martinů, zuvor erklingt Dvořáks Karneval-Ouvertüre.
 

Voraussichtliche Konzertlänge: 100 Minuten inklusive Pause

Eine kostenlose Konzerteinführung findet 45 Minuten vor Beginn im Opernkeller statt.


Franz Welser-Möst musste seine Mitwirkung im 12. Symphoniekonzert krankheitsbedingt leider absagen. Wir freuen uns sehr, dass Manfred Honeck bei teilweise geändertem Programm die Konzerte kurzfristig übernimmt!

  • 07.07.2019
    11:00 Uhr
    Semperoper
  • 08.07.2019
    20:00 Uhr
    Semperoper
  • 09.07.2019
    20:00 Uhr
    Semperoper

マンフレート・ホーネック

マンフレート・ホーネックは、ウィーン・フィル団員として活躍しながら、クラウディオ・アバドのアシスタントを務めた。指揮者としては、チューリヒ歌劇場の第1カペルマイスターとしてキャリアをスタート。2008年からは、ピッツバーグ響の音楽監督を務める。

2007年から11年までは、シュトゥットガルト国立歌劇場の音楽総監督を務めた。マーラー交響曲第4番のCDは、インターナショナル・クラシカル・ミュージック・アワードを受賞している。

フランク・ペーター・ツィンマーマン

フランク・ペーター・ツィンマーマンは、すでに10歳でオーケストラとの初共演を果たした。以来、世界中の重要なホールで客演し続け、聴衆と批評家に感動を与えている。そのレパートリーは、ヨハン・ゼバスティアン・バッハの作品から、ロマン派のヴァイオリン協奏曲、現代音楽に至るまで極めて幅広く、最近ではブレット・ディーン、マティアス・ピンチャー、アウグスタ・リード・トーマスのヴァイオリン協奏曲を初演した。

ドレスデン・シュターツカペレとは定期的に共演しており、2010年にはネーメ・ヤルヴィの指揮でブラームスのヴァイオリン協奏曲を演奏、スカンジナビア・ツアーにもソリストとして随行した。