9. Symphoniekonzert

オメール・メイル・ウェルバー 指揮
Steven Isserlis Violoncello
Sarah-Jane Brandon Sopran
Katija Dragojevic Mezzosopran
Luis Gomes Tenor
Milan Siljanov Bass
ドレスデン室内合唱団

ヘンリク・グレツキ

  • »Amen« für gemischten Chor a cappella op. 35

ヨーゼフ・ハイドン

  • チェロ協奏曲ニ長調
  • »Missa in angustiis« d-Moll Hob. XXII:11 »Nelson-Messe«

Haydn weltlich und geistlich

Auch 2019 wird das traditionsreiche Palmsonntagskonzert von Omer Meir Wellber geleitet, der mit der neuen Saison das Amt des Ersten Gastdirigenten der Sächsischen Staatsoper Dresden übernimmt. Im Mittelpunkt stehen zwei Werke von Joseph Haydn, die dieser als Kapellmeister im Dienste der Familie Esterházy komponierte: das populäre D-Dur-Cellokonzert, interpretiert von Steven Isserlis, und die »Missa in angustiis« in d-Moll, die ihren Beinamen »Nelsonmesse« Napoleons englischem Widersacher Admiral Nelson verdankt.

 

Voraussichtliche Konzertlänge: 95 Minuten inklusive Pause

Eine kostenlose Konzerteinführung findet 45 Minuten vor Beginn im Opernkeller statt.

  • 14.04.2019
    20:00 Uhr
    Semperoper
    チケット
    チケット価格:
    36.00 – 67.00 €
  • 15.04.2019
    20:00 Uhr
    Semperoper
    チケット
    チケット価格:
    36.00 – 82.00 €

オメール・メイル・ウェルバー

指揮

オメール・メイル・ウェルバーは、1981年イスラエル生まれ。2011年にロリン・マゼールの後継者としてバレンシア・ソフィア王妃アーツ・ホールの音楽監督に就任した。08年から10年にかけては、ベルリン国立歌劇場、ミラノ・スカラ座でダニエル・バレンボイムのアシスタントも務めている。

ドレスデン国立歌劇場では、《ダフネ》のプレミエを担当。イスラエル・フィル、ベルリン・ドイツ響、フランクフルト放送響などにも客演している。

ドレスデン室内合唱団

合唱指揮:ハンス=クリストフ・ラーデマンドレスデン室内合唱団は、ドイツを代表する合唱団のひとつである。1985年に設立された後、ハンス=クリストフ・ラーデマンのもとで名声を確立し、ヨーロッパやアメリカ、インド、中国に客演。ルネッサンスから現代音楽に至る幅広いレパートリーを持ち、その解釈は数々の賞(エルンスト・フォン・ジーメンス財団援助賞など)を受けている。