1. Symphoniekonzert

チョン・ミョンフン 指揮
Yuja Wang Klavier
Kristīne Opolais Sopran
Programm 1 (31.8 & 1.9.)

セルゲイ・ラフマニノフ

  • Klavierkonzert Nr. 3 d-Moll op. 30

ヨハネス・ブラームス

  • 交響曲第2番ニ長調 op. 73
Programm 2 (2.9.)

カール・マリア・フォン・ウェーバー

  • Ouvertüre zur Oper »Der Freischütz«

Georges Enescu

  • »Sept Chansons de Clément Marot« op. 15 für Singstimme und Kammerensemble

ヨハネス・ブラームス

  • 交響曲第2番ニ長調 op. 73

Symphonische Vielfalt

Die neue Spielzeit beginnt mit zwei Programmen. Am 31. August und 1. September dirigiert Myung-Whun Chung Rachmaninows drittes Klavierkonzert, das von der chinesischen Pianistin Yuja Wang gespielt wird. Am 2. September erklingen neben Webers »Freischütz«-Ouvertüre Enescus »Sept Chansons de Clément Marot«, die wenige Tage später im Rahmen des Enescu-Festivals in Bukarest neuerlich aufgeführt werden. Es singt die lettische Sopranistin Kristīne Opolais. Brahms’ zweite Symphonie beschließt beide Programme.

  • 31.08.2019
    19:00 Uhr
    Semperoper
    チケット
    チケット価格:
    23.00 – 67.00 €
  • 01.09.2019
    11:00 Uhr
    Semperoper
    チケット
    チケット価格:
    36.00 – 67.00 €
  • 02.09.2019
    20:00 Uhr
    Semperoper
    チケット
    チケット価格:
    13.00 – 82.00 €

チョン・ミョンフン

首席客演指揮者

チョン・ミョンフンは、今日世界でもっとも高い名声を持つ音楽家の一人である。2001年から定期的にドレスデン・シュターツカペレに登場し、多くのコンサート、オペラ、またツアーでこのオーケストラを指揮してきた。ソウルに生まれ、ピアノとしてキャリアをスタート。1979年、ロサンジェルス・フィルハーモニックでカルロ・マリア・ジュリーニのアシスタント指揮者となる。1984年、ザールブリュッケン放送交響楽団の首席指揮者に就任し、その後パリのバスティーユ歌劇場、ローマ聖チェチーリア音楽院管弦楽団の音楽監督となる。2000年からはフランス放送フィルハーモニー管弦楽団の音楽監督の任にあり、その他、東京フィルハーモニー交響楽団のスペシャル・アーティスティック・アドバイザー、ソウル・フィルハーモニー管弦楽団の音楽監督として、故郷アジアの音楽界の強化にも努めている。

また、ヒューマニズムと環境保護のプロジェクトにも力を注ぎ、2008年ユニセフ国際親善大使に任命。2010年秋、「チョン・メシアン・プロジェクト」にて、友人であり、師でもあったオリヴィエ・メシアンの《世の終わりのための四重奏曲》をシュターツカペレの団員と共演、またゼンパーオーパーでは トゥーランガリラ交響曲を指揮した。2012/2013年シーズンより、チョン・ミョンフンはドレスデン・シュターツカペレの首席客演指揮者を務め、一層緊密な共同作業が期待される。

Yuja Wang

Yuja Wang ist eine chinesische Pianistin. Zusammen mit Claudio Abbado und dem Lucerne Festival Orchestra gestaltete sie beim Lucerne Festival 2009 das Eröffnungskonzert mit Prokofjew's Klavierkonzert Nr. 3.

Bereits 2012 spielte sie gemeinsam mit der Sächsischen Staatskapelle Dresden Rachmaninow's

Klavierkonzert Nr. 3 unter der Leitung von Xian Zhang. Seit 2015 arbeitete sie u. a. mit dem San Francisco Symphony Orchestra, dem Russischen Nationalorchester und den Wiener Philharmonikern zusammen.