12. Symphoniekonzert

ヘルベルト・ブロムシュテット 指揮
クリスティアン・ツィメルマン ピアノ

ルートヴィヒ・ヴァン・ベートーヴェン

  • ピアノ協奏曲第5番変ホ長調《皇帝》 op. 73

ジャン・シベリウス

  • Symphonie Nr. 5 Es-Dur op. 82

Besinnung auf das Idiom

Mit deutschem und finnischem Repertoire kehrt Ehrendirigent Herbert Blomstedt zur Staatskapelle zurück. In seiner fünften Symphonie wendet sich Sibelius von der moderneren Musikströmung ab und besinnt sich – nach qualvoller Formsuche – auf sein kompositorisches Idiom. Als Verfechter der nordischen Musik dirigiert Herbert Blomstedt dieses große Werk nun nach 42 Jahren erneut bei der Kapelle. Für Beethovens fünftes Klavierkonzert kehrt Klavierlegende Krystian Zimerman nach Dresden zurück.

  • 09.07.2020
    20:00 Uhr
    Semperoper
    チケット
    チケット価格:
    13.00 – 67.00 €
  • 10.07.2020
    19:00 Uhr
    Semperoper
    チケット
    チケット価格:
    23.00 – 67.00 €
  • 11.07.2020
    11:00 Uhr
    Semperoper
    チケット
    チケット価格:
    23.00 – 67.00 €

ヘルベルト・ブロムシュテット

指揮

2012年7月11日に85歳の誕生日を迎えたヘルベルト・ブロムシュテットは、ドレスデン・シュターツカペレとは数十年以来、極めて深い関係にある。1975年から1985年にかけては、当団の首席指揮者を務め、130本ものレコード録音を行なった。

その後、サンフランシスコ響、北ドイツ放送響、ライプツィヒ・ゲヴァントハウス管の首席指揮者を歴任している。2009/10年のシーズンには、ドレスデン・シュターツカペレとの共演40周年記念演奏会とツアーを開催した。2011年には待望のウィーン・フィル・デビューを果たし、すぐさま再共演が決定した。

クリスティアン・ツィメルマン

ピアノ

クリスティアン・ツィメルマンは、現代を代表するピアニストとして、国際的名声を博している。18歳でワルシャワ・ショパン国際コンクールに優勝。ドイツ・グラモフォンと契約し、国際的なキャリアをスタートした。7歳でピアノを始めた後、アンジェイ・ヤシンスキに師事。

ヘルベルト・フォン・カラヤン、小澤征爾、リッカルド・ムーティ、ロリン・マゼール等の名指揮者と共演し、2013年にはルトスワフスキの生誕100年を祝って彼の作品をベルリン・フィル等で演奏した。ドレスデン・シュターツカペレには、今回がデビューとなる。