3. Symphoniekonzert

アラン・ギルバート 指揮
レオニダス・カヴァコス ヴァイオリン

ベラ・バルトーク

  • Violinkonzert Nr. 2 Sz. 112

ベドルジハ・スメタナ

  • Aus »Má vlast« (Mein Vaterland):
  • Vyšehrad
  • Vltava (Die Moldau)
  • Šárka
  • Z českých luhů a hájů (Aus Böhmens Hain und Flur)

Heimische Töne am Rande zur Moderne

Bartóks zweites Violinkonzert zählt zu den großen Meisterwerken des zwanzigsten Jahrhunderts. Das 1937/38 geschaffene Opus, dessen Solopart der griechische Geiger Leonidas Kavakos übernehmen wird, verbindet Elemente mitteleuropäischer Volksmusik mit kompositorischer Raffinesse. Auch Smetanas populärer Zyklus »Mein Vaterland« gedenkt der heimischen Wurzeln. Alan Gilbert, regelmäßig in Dresden zu Gast, dirigiert daraus die ersten vier symphonischen Dichtungen, die tschechische Orte und Sagen in den Blick nehmen.

  • 20.10.2019
    11:00 Uhr
    Semperoper
    チケット
    チケット価格:
    45.00 – 67.00 €
  • 21.10.2019
    20:00 Uhr
    Semperoper
    チケット
    チケット価格:
    45.00 – 67.00 €
  • 22.10.2019
    20:00 Uhr
    Semperoper
    チケット
    チケット価格:
    45.00 – 67.00 €

アラン・ギルバート

アラン・ギルバートは、アメリカ人の父親、日本人の母親のもとにニューヨークで生まれた。2005年からは、ニューヨーク・フィルの音楽監督を務めている。1995~97年には、クリストフ・フォン・ドホナーニのアシスタントとして、クリーヴランド管で活躍。その後、国際的なキャリアを開始し、ベルリン・フィル、ロイヤル・コンセルトヘボウ管、ボストン響など、一流オーケストラに客演している。

ドレスデンには、ドレスデン音楽祭でニューヨーク・フィルの客演公演を指揮。2015/16年シーズンには、ドレスデン・シュターツカペレのデビューを飾る。

レオニダス・カヴァコス