7. Symphoniekonzert

ダニエル・ハーディング 指揮
ドレスデン国立歌劇場合唱団 合唱指揮:イェルク・ヘンネルク・アンドレーセン

Henry Purcell

  • Music for the Funeral of Queen Mary

グスタフ・マーラー

  • Symphonie Nr. 10 (Aufführungsversion von Deryck Cooke)

Klagegesänge

Als zutiefst autobiografisches Werk des Schmerzes und der Reflexion über das Leben gilt Mahlers Fragment gebliebene 10. Symphonie. Vom berühmten Adagio, über das von zwei Scherzi umrahmte »Purgatorio« zum Finalsatz spannt sich ein dichter Bogen, der auf der letzten Skizzenseite in die handschriftlichen, an Mahlers Gattin Alma gerichteten Ausrufe »für dich leben! für dich sterben!« gipfelt. Der Aufführungsfassung von Deryck Cooke stellt Mahler-Experte Daniel Harding die Trauermusik für Queen Mary von Henry Purcell voran.

Zum Gedenken an die Zerstörung Dresdens am 13. Februar 1945 (75. Jahrestag)

  • 13.02.2020
    20:00 Uhr
    Semperoper
    チケット
    チケット価格:
    45.00 – 67.00 €
  • 14.02.2020
    20:00 Uhr
    Semperoper
    チケット
    チケット価格:
    45.00 – 67.00 €

ダニエル・ハーディング

オックスフォード生まれ。バーミンガム市交響楽団でサー・サイモン・ラトルのもとに学び、1994年同楽団にデビューを果たす。後に、ベルリン・フィルハーモニー管弦楽団にてクラウディオ・アバドのアシスタントを務め、1996年にベルリン芸術週間で同楽団にデビューした。現在、スウェーデン放送交響楽団の音楽監督、ロンドン交響楽団の首席客演指揮者、新日本フィルハーモニー交響楽団のミュージックパートナーを務める。

 

これまで2003年から2011年までマーラー・チェンバー・オーケストラの首席指揮者及び音楽監督、1997年から2000年までトロンハイム交響楽団の首席指揮者、1997年から2003年までドイツ・カンマーフィルハーモニー管弦楽団の音楽監督などを歴任した。2016年秋からはパリ管弦楽団の首席指揮者を務めている。

ドレスデン国立歌劇場合唱団

合唱指揮:イェルク・ヘンネルク・アンドレーセン