8. Symphoniekonzert

クリスティアン・ティーレマン Dirigent
ステファン・グールド Waldemar
カミッラ・ニュールンド Tove
クリスタ・マイヤー Waldtaube
Kwangchul Youn Bauer
Wolfgang Ablinger-Sperrhacke Klaus-Narr
Franz Grundheber Sprecher
ドレスデン国立歌劇場合唱団 合唱指揮:イェルク・ヘンネルク・アンドレーセン
MDR放送合唱団

アルノルト・シェーンベルク

  • »Gurre-Lieder« für Soli, Chor und Orchester

»Seht die Sonne!«

Zwischen 1900 und 1911 arbeitete Arnold Schönberg an seinen spätromantischen »Gurre-Liedern« und bezeichnete diese später als »Schlüssel zu meiner ganzen Entwicklung.« Die Wurzeln der Geschichte um König Waldemar und seiner geliebten Tove, die letztlich von der eifersüchtigen Königin ermordet wird, lassen sich bis ins Mittelalter zurückverfolgen. Schönberg griff auf Jens Peter Jacobsens Fassung der dänischen Sage zurück und formte aus ihr ein musikalisches Monumentalwerk, das bravourös ungeahnte Register der Stimm- und Instrumentalbehandlung zieht.

  • 08.03.2020
    11:00 Uhr
    Semperoper
    チケット
    チケット価格:
    36.00 – 82.00 €
  • 09.03.2020
    20:00 Uhr
    Semperoper
    チケット
    チケット価格:
    23.00 – 67.00 €
  • 10.03.2020
    20:00 Uhr
    Semperoper
    チケット
    チケット価格:
    23.00 – 67.00 €

クリスティアン・ティーレマン

首席指揮者

2012/2013シーズンより、首席指揮者としてドレスデン・シュターツカペレを率いる。熱狂的な就任記念演奏会の後、『フランクフルター・アルゲマイネ・ツァイトゥング』紙は、ティーレマンがオーケストラを「誉れ高い奇跡とも呼べるハープの響き」へ導いたと評した。 ティーレマンのキャリアは1978年、ベルリン・ドイツ・オペラでコレペティートルに採用された時から始まる。ゲルゼンキルヒェン、カールスルーエ、ハノーファーで経験を積んだ後、1985年にデュッセルドルフのライン歌劇場のカペルマイスターとなり、1988年には当時、ドイツ国内では最年少でニュルンベルク州立歌劇場の音楽監督に就任した。1997年、古巣ベルリン・ドイツ・オペラの音楽監督に就任。7年間務めた後、2004年から2011年まではミュンヘン・フィルハーモニー管弦楽団の音楽監督を務めた。

ドイツ・ロマン派のオペラ、またコンサートレパートリーにおいて、ティーレマンの解釈は模範的なものとして世界的に知られている。2000年のデビュー以来、バイロイト音楽祭には毎年客演を重ねる。2011年のザルツブルク音楽祭ではR・シュトラウスの《影のない女》を指揮し、『オーパンヴェルト』誌の「年間最優秀指揮者」に選ばれた。ドレスデン・シュターツカペレとのブラームス・チクルスはCD、DVD化されているほか、ウィーン・フィルハーモニー管弦楽団とはベートーヴェン交響曲全集を収録している。 2013年よりザルツブルク・イースター音楽祭の芸術監督。ロンドンの王立音楽アカデミーから名誉会員の資格を授与されたほか、フランツ・リスト・ヴァイマール音楽大学および、ベルギーのルーヴェン・カトリック大学より、名誉博士としての学位を授与されている。

ステファン・グールド

現代を代表するヘルデンテノールの一人。ヴァージニアに生まれ、ボストンの音楽院で学んだ。ヘルデンテノールでのデビューは、《フィデリオ》のフロレスタン役で飾った。近年はウィーンで《ナクソス島のアリアドネ》、東京とドレスデンで《トリスタンとイゾルデ》、ウィーン、ドレスデン、グラーツで《パルジファル》、ウィーン、ベルリン、バイロイトで《ジークフリート》《神々の黄昏》などを歌って成功を収めている。

これまでダニエル・バレンボイム、ピエール・ブーレーズ、ハルトムート・ヘンヒェン、マレク・ヤノフスキ、クリスティアン・ティーレマン、アンドリス・ネルソンスといった著名な指揮者と共演している。

カミッラ・ニュールンド

フィンランドのヴァーサに生まれ、後にザルツブルクのモーツァルテウムで学ぶ。数々のコンクールで入賞し、ハノーファー国立歌劇場の合唱メンバーとなる。その後、ドレスデン国立歌劇場のアンサンブルに入り、ザクセン宮廷歌手に拝命される。オペラでは、フィオルディリージ、アガサ、ミミ、デスデモナ、エリザベート、ダフネ、エルザなどの役を務め、ミラノ・スカラ座、コヴェントガーデン、バイエルン国立歌劇場、ネザーランド・オペラ、バイロイト音楽祭、ザルツブルク音楽祭などに招聘されている。

ドレスデン・シュターツカペレの演奏会にはこれまで何度も出演し、ベートーヴェンの《ミサ・ソレムニス》、マーラーの交響曲第2番、ブラームスの《ドイツレクイエム》のソプラノ・ソロを歌ってきた。

クリスタ・マイヤー

クリスタ・マイヤーは、バイエルン・ジングアカデミーとミュンヘンの音楽大学で、声楽を専攻。バイエルン国立歌劇場、

ベルリン・ドイツ・オペラのほか、グラーツ、ヴェネチア、フィレンツェのオペラハウスに客演した。2007年には、ズービン・メータ指揮のもと、バレンシア歌劇場の《ニーベルングの指環》で成功。翌年には、クリスティアン・ティーレマン指揮でバイロイト音楽祭にデビューしている。ドレスデン国立歌劇場には、2001年よりアンサンブルに属し、様々な役柄で活躍。ドレスデン・シュターツカペレの演奏会にも、出演を重ねている。

Kwangchul Youn

Der koreanische Sänger war von 1993 bis 2004 Mitglied der Berliner Staatsoper, wo er viele Rollen seines breit gefächerten Repertoires erarbeitete. 2018 wurde ihm hier der Titel „Kammersänger“ verliehen.

Zu den Verpflichtungen der Saison 2018/19 zählen Trovatore (Ferrando) an der Bayerischen Staatsoper München, Lohengrin (König Heinrich), Simone Boccanegra an der Wiener Staatsoper, Zauberflöte (Sarastro) und Meistersinger (Pogner) an der Berliner Staatsoper sowie Parsifal (Gurnemanz) an der Staatsoper Hamburg. Unter der Leitung von Kirill Petrenko wird er in Mahlers Symphonie Nr.8 in Bregenz singen.

In den letzten Jahren war der gefragte Bassist an allen renommierten Opernhäusern in Europa und Übersee zu hören, u.a. an der Wiener Staatsoper (Faust, Zauberflöte, Parsifal, Don Carlo, Tristan, Tannhäuser), Berliner Staatsoper (Simon Boccanegra, Lohengrin, Rheingold, Eugen Onegin, Tannhäuser), am Teatro alla Scala (Rheingold, Don Giovanni, Il Trovatore, Fidelio), an der Metropolitan Opera (Lucia di Lammermoor, Les Troyens, Maria Stuarda, Don Giovanni, Guillaume Tell), Bayerischen Staatsoper München (Parsifal, Der fliegende Holländer, Tristan und Isolde, Il Trovatore), Semperoper Dresden (Simon Boccanegra, Lohengrin), dem Royal Opera House Covent Garden in London (Lohengrin, Lucia di Lammermoor), dem Gran Teatre del Liceu in Barcelona (Tristan und Isolde), der Opéra National de Paris (La Forza del Destino, Luisa Miller,

Aida, Rigoletto), Oper Frankfurt (Don Carlos), Lyric Opera Chicago (Parsifal) und am Teatro Regio in Turin (Tannhäuser, Parsifal). Außerdem gastierte er bei den Bayreuther Festspielen (Tristan, Parsifal, Die Walküre, Der fliegende Holländer), den Salzburger Festspielen, den Osterfestspielen Salzburg, den Dresdner Musikfestspielen, Ludwigsburger Schlossfestspiele, American Ravina Festival, Klangbogen Wien und dem Beethovenfest Bonn.

Neben seiner Operntätigkeit tritt Kwangchul Youn kontinuierlich als Konzertsänger mit großen Orchestern wie den Berliner Philharmonikern, Wiener Symphonikern, dem Rundfunk Symphonie Orchester Berlin, der Accademia Santa Cecilia in Rom, VARA Radio Amsterdam, Gulbenkian Foundation Lissabon, dem Orquestra Simfònica de Barcelona, Monte Carlo Orchestre Philharmonie, dem Orchester der Mailänder Scala, Rundfunk Sinfonieorchester Köln, dem NHK Symphony Orchestra Tokyo, dem Hong Kong Philharmonic Orchestra, RAI Turin und bei den BBC Proms auf.

Er ist Mitwirkender auf CD-Produktionen wie Die Meistersinger von Nürnberg der Bayreuther Festspiele unter Daniel Barenboim (Teldec), bei Croesus unter Rene Jacobs (harmonia mundi), in Fidelio (Teldec) und Le nozze di Figaro, Cosi fan tutte, Don Giovanni und Tiefland unter Bertrand de Billy (Arte Nova), sowie bei Daphne mit dem WDR Sinfonieorchester Köln unter Semyon Bychkov (Decca; Grammy-Nominierung als beste Opernproduktion bei den Grammy Awards 2006).

ドレスデン国立歌劇場合唱団

合唱指揮:イェルク・ヘンネルク・アンドレーセン

MDR放送合唱団

ライプツィヒを本拠とするMDR放送合唱団は、戦後直後に結成。東ドイツ時代より、国際的な名声を博し、200を越えるレコード録音を行っている。これまでに、ヘルベルト・ケーゲル、ヴォルフ=ディーター・ハウシルト、イエルク=ペーターヴァイグレ、ハワード・アルマンを合唱指揮者として活躍。ドイツを代表する放送合唱団として、高い評価を得ている。

Neben den internationalen Auftritten tragen preisgekrönte CD-Einspielungen sowie zahlreiche Ur- und Erstaufführungen zum Renommee des traditionsreichen Chores bei. In der Nachfolge von Howard Arman übernahm mit Beginn der Spielzeit 2015/2016 Risto Joost die künstlerische Leitung des Chores.