9. Symphoniekonzert

オメール・メイル・ウェルバー 指揮
Rachel Willis-Sørensen ソプラノ
ステパンカ・プカルコヴァ ジーグルーネ
Benjamin Bernheim テナー
Gábor Bretz Bass
MDR放送合唱団

Johann Sebastian Bach / Maximilian Otto

  • Contrapunctus I aus »Die Kunst der Fuge« BWV 1080

Johann Sebastian Bach/ Péter Tornyai

  • Contrapunctus V aus »Die Kunst der Fuge« BWV 1080

Johann Sebastian Bach / Anton Webern

  • Ricercar a 6 aus »Das musikalische Opfer« BWV 1079

Johann Sebastian Bach / Ella Milch-Sheriff

  • Contrapunctus XIV aus »Die Kunst der Fuge« BWV 1080

ルートヴィヒ・ヴァン・ベートーヴェン

  • Messe C-Dur op. 86 für Soli, Chor und Orchester

Bach – Beethoven – Gegenwart

»Von meiner Messe wie überhaupt von mir selbst sage ich nicht gerne etwas, jedoch glaube ich, dass ich den Text behandelt habe, wie er noch wenig behandelt worden,« bekannte Beethoven über seine erste Messvertonung aus dem Jahr 1807. Diesem berückenden Werk stehen Instrumentationen Bach’scher Fugen des 20. und 21. Jahrhunderts voran. Dabei ist jede Bearbeitung nicht nur eine Übersetzung in den Orchesterklang, sondern zugleich Interpretation der Vorlage.

  • 05.04.2020
    19:00 Uhr
    Semperoper
    チケット
    チケット価格:
    45.00 – 67.00 €
  • 06.04.2020
    20:00 Uhr
    Semperoper
    チケット
    チケット価格:
    13.00 – 82.00 €

オメール・メイル・ウェルバー

指揮

オメール・メイル・ウェルバーは、1981年イスラエル生まれ。2011年にロリン・マゼールの後継者としてバレンシア・ソフィア王妃アーツ・ホールの音楽監督に就任した。08年から10年にかけては、ベルリン国立歌劇場、ミラノ・スカラ座でダニエル・バレンボイムのアシスタントも務めている。

ドレスデン国立歌劇場では、《ダフネ》のプレミエを担当。イスラエル・フィル、ベルリン・ドイツ響、フランクフルト放送響などにも客演している。

Rachel Willis-Sørensen

2010年ニューヨーク・メトロポリタン歌劇場でのナショナル・カウンシル・オーディションと、翌2011年ウィーンのハンス・ガボール・ベルヴェデーレ歌唱コンクールを勝ち取り、国際的な注目を集める若きソプラノ。昨シーズンからはドレスデン国立歌劇場のアンサンブルに属している。ドレスデンでは新演出のモーツァルト《イドメネオ》のエレットラ役、アレヴィ《ユダヤの女》のラケル役でデビュー。ロンドン・ロイヤル・オペラハウスでの《フィガロの結婚》の伯爵夫人役、ヒューストン・グランド・オペラでの《ドン・ジョヴァンニ》のドンナ・アンナ役、ロサンジェルス・フィルのベートーヴェンの「第9」などにも客演した。

ステパンカ・プカルコヴァ

MDR放送合唱団

ライプツィヒを本拠とするMDR放送合唱団は、戦後直後に結成。東ドイツ時代より、国際的な名声を博し、200を越えるレコード録音を行っている。これまでに、ヘルベルト・ケーゲル、ヴォルフ=ディーター・ハウシルト、イエルク=ペーターヴァイグレ、ハワード・アルマンを合唱指揮者として活躍。ドイツを代表する放送合唱団として、高い評価を得ている。

Neben den internationalen Auftritten tragen preisgekrönte CD-Einspielungen sowie zahlreiche Ur- und Erstaufführungen zum Renommee des traditionsreichen Chores bei. In der Nachfolge von Howard Arman übernahm mit Beginn der Spielzeit 2015/2016 Risto Joost die künstlerische Leitung des Chores.