7. Kammerabend

Dresdner Oktett
マティアス・ヴォロング ヴァイオリン
イエルク・ファスマン ヴァイオリン
ゼバスティアン・ヘルベルク ヴィオラ
アニヤ・ダンベック ヴィオラ
ノルベルト・アンガー チェロ
アンドレアス・ヴィレツォル コントラバス
ヴォルフラム・グローセ クラリネット
ヨアヒム・ハンス ファゴット
ローベルト・ラングバイン ホルン
Andrei Banciu Klavier

ヨハン・ネポムク・フンメル

  • ピアノ四重奏曲変ホ短調 op. 87

尹伊桑

  • Oktett für Klarinette, Fagott, Horn und Streichquintett

Egon Wellesz

  • Oktett op. 67 für Klarinette, Fagott, Horn und Streichquintett

フェリックス・メンデルスゾーン

  • Klaviersextett D-Dur op. 110

Verkaufsstart wird zu einem späteren Zeitpunkt bekanntgegeben.

  • 07.06.2022
    20:00 Uhr
    Semperoper

マティアス・ヴォロング

第1コンサートマスター

1968年ベルリン生まれ。5歳でヴァイオリンを始め、1987年から89年まではスイスでティボール・ヴァルガに学んだ。1991年から99年までベルリン放送交響楽団の第1コンサートマスターを務めた後、99年にドレスデン・シュターツカペレに同じポストで移籍した。夏の間は、バイロイト祝祭管弦楽団の第1コンサートマスターも務めている。

ソリストとしてはアダム・フィッシャー、マレク・ヤノフスキ、サー・コリン・デイヴィスらと共演経験がある。近年は室内楽活動にも力を入れるほか、ワイマール音大で教授を務めている。使用楽器は1676年製のグァルネリ。

イエルク・ファスマン

第1コンサートマスター代理

1966年、デッサウ生まれ。5歳でヴァイオリンを始め、1983年から89年までライプツィヒとドレスデンの音大で学ぶ。1987年、ドレスデン・シュターツカペレに入団し、89年に第1コンサートマスター代理のポジションを得た。1995年からはドレスデン弦楽トリオのメンバーでもある。

室内楽活動にも力を入れており、特にピアニストのグンター・アンガーとは長年共同作業を続けてきた。1991年以降、ドレスデン音大で若手の指導にも携わっている。

ゼバスティアン・ヘルベルク

ソロ・ヴィオラ奏者

1968年、ポツダム生まれ。祖父のヴィルヘルム・ヘルベルクより最初のレッスンを受け、後にワイマール音大とベルリン・ハンス・アイスラー音大で学ぶ。1991年にベルリン放送交響楽団のソロ・ヴィオラ奏者となり、1994年ドレスデン・シュターツカペレに同じポストで移籍した。ソリストとしてはミヒャエル・ザンデルリンク、サカリ・オラモ、ファビオ・ルイージらと共演。ルイージ指揮ではR・シュトラウスの《ドン・キホーテ》の録音にも参加した。

ドレスデン・シュターツカペレ・ジュゼッペ・ シノーポリ・アカデミーで講師を務めるほか、1998年からはドレスデン音大でも後進の指導にあたっている。ゼバスティアン・ヘルベルクはドレスデン弦楽トリオの創設メンバーであり、2015/16年シーズンには創設20周年を迎えた。

アニヤ・ダンベック

ソロ・ヴィオラ代理

Die kanadische Bratschistin Anya Muminovich ist seit der Spielezeit 2010/2011  stellvertretende Solobratscherin der Sächsischen Staatskapelle Dresden. Ihren ersten Musikunterricht erhielt sie im Alter von fünf Jahren auf der Geige. Erste Auszeichnungen erhielt sie beim Kiwanis Music Festival in Ottawa, Kanada. Im Jahr 2004 gewann sie National Arts Centre Orchestra Bursary Competition. Nach ihrer Ausbildung in Kanada setzte sie ihr Studium bei Wolfram Christ auf der Bratsche und bei Rainer Kußmaul auf der Geige an der Hochschule für Musik Freiburg im Breisgau fort.

Noch während ihres Studiums in Deutschland musizierte sie mehrfach im Orchester des Schleswig-Holstein Musik Festival als Solobratschistin sowie als Stimmführerin der zweiten Geigen. Darüber hinaus war sie Praktikantin als Geigerin im SWR Sinfonieorchester Freiburg und Baden-Baden. Sie spielte mehrmals als Gast-Bratschistin im Orchestra Ensemble Kanazawa in Japan und wirkte als Solobratscherin im Budapest Festival Orchestra mit. Ihr Studium an der Hochschule für Musik Freiburg hat sie als Bratschistin und Geigerin jeweils mit Auszeichnung abgeschlossen.

ノルベルト・アンガー

首席チェロ奏者

1987年フライタール(ドイツ)生まれ。ドレスデン・カール・マリア・フォン・ウェーバー音楽院でクリストフ・シュルツェに師事。2006年からはベルリン芸術大学でエマヌエル・シュミットに学ぶ。2010年にドイツ音楽コンクールで優勝。ヘルシンキ・パウロ・コンクール、チャイコフスキー・コンクールでの入賞後、ドイツの新世代のチェリストとして活躍。2013/14年シーズンよりドレスデン・シュターツカペレのチェロ・コンサートマスターを務める。

ソリストとしてはパリ管弦楽団、ドレスデン・シュターツカペレ、ボン・ベートーヴェン管弦楽団などと共演している。室内楽活動にも力を入れており、これまでシュレスヴィヒ・ホルシュタイン音楽祭、メクレンブルク・フォアポンメルン音楽祭に出演してきた。

アンドレアス・ヴィレツォル

首席コントラバス奏者

ベルリン生まれ。ワイマール音大で学んだ後、クラウディオ・アバド指揮グスタフ・マーラー・ユーゲントオーケストラで研鑽を積む。1989年からドレスデン・シュターツカペレのソロ・コントラバス奏者を務めている。アンドレアス・ヴィレツォルはアバド指揮ルツェルン祝祭管弦楽団の創設メンバーであり、2007年からはバイロイト祝祭管弦楽団でも演奏している。

ソリストとしてはジュゼッペ・シノーポリ、サー・コリン・デイヴィスらと共演した。2005年からデトモルト音大の教授を務めるほか、2011年からはドレスデン・シュターツカペレ・ジュゼッペ・ シノーポリ・アカデミーでも教えている。

ヴォルフラム・グローセ

首席クラリネット奏者

 

1999 wechselte er in gleicher Position zur Staatskapelle Dresden. Seit dem Jahr 2000 gehört Wolfram Große darüber hinaus als Soloklarinettist dem Bayreuther Festspielorchester an. Neben seiner Tätigkeit als Orchestermusiker ist er zudem Mitglied des Bläserquintetts der Staatskapelle Dresden.

Wolfram Große ist Preisträger mehrerer Wettbewerbe im kammermusikalischen und solistischen Bereich, u.a. in München, Markneukirchen und Colmar. 2002 wurde ihm der Fritz-Busch-Preis der Stiftung zur Förderung der Semperoper verliehen.

ヨアヒム・ハンス

ソロ・ファゴット奏者

1972年、ハッヒェンブルク生まれ。13歳でファゴットを始め、1992年からフライブルク音大でカール=オット・ハルトマンに学んだ。1995年にエッセン・フィルのソロ・ファゴット奏者となり、翌年ドレスデン・シュターツカペレに同じポストで移籍した。1999年からはバイロイト祝祭管弦楽団でも演奏している。

ドレスデン・シュターツカペレでは、ソリストとしてもライナー・ミュールバッハ、ジョルジュ・プレートル、サー・コリン・デイヴィスと共演した。オーケストラ活動のほか、ドレスデンのカール・マリア・フォン・ウェーバー音大で講師を務めている。

ローベルト・ラングバイン

首席ホルン奏者

カール・マルクス・シュタット(現ケムニッツ)出身。ワイマール音楽大学でライナー・ハイムブーフに師事。2001年からはベルリン・ハンス・アイスラー音楽院、ベルリン芸術大学でクリスティアン=フリードリヒ・ダルマンに学んだ。ベルリン・コンツェルトハウス管弦楽団でソロ・ホルン奏者を担当した後、2005年にドレスデン・シュターツカペレに同じポストで移籍した。

Andrei Banciu

Andrei Banciu wurde 1985 in Timisoara (Rumänien) geboren, wo er seinen ersten Klavierunterricht bei Maria Bodo erhielt. Später studierte er in Berlin Klavier bei Prof. Klaus Hellwig an der Universität der Künste und bei Prof. Fabio Bidini an der Hochschule für Musik »Hanns Eisler« sowie Liedgestaltung bei Prof. Wolfram Rieger. Meisterkurse besuchte er u.a. bei Paul Badura-Skoda, Pascal Devoyon, Karl-Heinz Kämmerling, Menahem Pressler und Rudolf Buchbinder. Bei zahlreichen Wettbewerben erhielt er Preise, z.B. 1995 Rovere d´oro (Italien), 1998 und 2002 Jeunesses Musicales Bukarest, 2004 Kissinger KlavierOlymp, 2006 Béla Bartók Szeged (Ungarn) und 2010 Artur Schnabel Berlin. 2015 wurde er als Klavierpartner Stipendiat des Deutschen Musikwettbewerbs in Lübeck und wurde daraufhin in die 60. Bundesauswahl Konzerte Junger Künstler aufgenommen. Im September 2015 erhielt er, im Duo mit der Geigerin Ioana Cristina Goicea, den 2. Preis beim Kammermusikwettbewerb Premio Trio di Trieste (Italien). Das Duo hatte Konzertauftritte u.a. im Concertgebouw Amsterdam, beim Musik Festival Schleswig-Holstein, im Rumänischen Athenäum Bukarest, im Teatro Ristori und Teatro Filarmonico Verona, in der St. Martin-in-the-Fields London. Seit 2000 konzertiert er mit Orchestern in Rumänien, Belgien, Ungarn und Ägypten, gab Solokonzerte in Deutschland, z.B. beim Kissinger Sommer und bei den Europäischen Wochen Passau, in Holland, Polen, Ungarn und in den USA sowie Kammermusikkonzerte mit dem Jacques-Thibaud-Streichtrio. Als Kammermusiker und Liedbegleiter führten ihn Konzertreisen nach Holland, Belgien, Frankreich, Großbritannien und Italien. 

Seit 2010 ist er der Pianist des von ihm mitbegründeten Jacques-Thibaud-Ensembles. 2010 bis 2013 unterrichtete er beim Musica Mundi Kammermusikkurs und -festival, wo er 2012 als Solist mit dem Festival-Orchester unter der Leitung von Maxim Vengerov und 2013 mit dem Brussels Chamber Orchestra auftrat. 2012 bis 2016 hatte er einen Lehrauftrag an der Hochschule für Musik und Theater »Felix Mendelssohn Bartholdy« Leipzig sowie 2014 bis 2016 an der Universität der Künste Berlin. Von 2016 bis 2018 war er als Lehrkraft für Werkstudium an der Hochschule für Musik »Franz Liszt« Weimar tätig und seit Oktober 2018 ist er als Lehrkraft an der Hochschule für Musik »Hanns Eisler« Berlin tätig. Rundfunkaufnahmen seiner Konzertauftritte entstanden u.a. für den Bayerischen Rundfunk, Deutschlandfunk, Radio France und Radio 4 Niederlande.