»Zwinger Open Air«

クリスティアン・ティーレマン 指揮
19.00 Uhr: Beginn Vorprogramm mit Filmclips von »So geht sächsisch.«
19.20 Uhr: Eröffnung mit den Blechbläsern der Staatskapelle Dresden

William Byrd

  • »The Earl of Oxford March«

Henry Purcell

  • »Trumpet Tune and Air«
20.00 Uhr: Beginn Konzertübertragung aus der Semperoper

ルートヴィヒ・ヴァン・ベートーヴェン

  • Ouvertüre c-Moll zu »Coriolan« op. 62
  • 交響曲第1番ハ長調 op. 21
  • 交響曲第2番ニ長調 op. 36

Live-Übertragung des Sonderkonzerts in den Zwingerhof

Zum Abschluss einer verkürzten Konzertsaison präsentiert die Sächsische Staatskapelle Dresden erstmals ein besonderes Open-Air-Format: Live aus der Semperoper wird das bereits ausverkaufte Sonderkonzert am 11. Juli 2020 unter der Leitung von Chefdirigent Christian Thielemann mit Werken Beethovens ins Zwingergelände übertragen. Während im Saal der Semperoper derzeit maximal 330 Personen Platz finden, werden im Zwingerareal so zusätzlich fast 1.000 Besucher das Konzert erleben können. In Kooperation mit den Staatlichen Kunstsammlungen Dresden haben die Zuhörer im Zwinger außerdem die Möglichkeit, mit ihrem Ticket à 10 Euro die neue Ausstellung der Gemäldegalerie Alte Meister »Raffael – Macht der Bilder« zu besuchen.

 

Eine Veranstaltung der Sächsischen Staatskapelle Dresden in Kooperation mit der Staatliche Schlösser, Burgen und Gärten Sachsen gemeinnützige GmbH und den Staatlichen Kunstsammlungen Dresden.


Mit freundlicher Unterstützung durch »So geht sächsisch.« und die Volkswagen Aktiengesellschaft.

  • 11.07.2020
    20:00 Uhr
    Zwingerhof
    チケット
    (externer Ticketanbieter)

クリスティアン・ティーレマン

首席指揮者

2012/2013シーズンより、首席指揮者としてドレスデン・シュターツカペレを率いる。熱狂的な就任記念演奏会の後、『フランクフルター・アルゲマイネ・ツァイトゥング』紙は、ティーレマンがオーケストラを「誉れ高い奇跡とも呼べるハープの響き」へ導いたと評した。 ティーレマンのキャリアは1978年、ベルリン・ドイツ・オペラでコレペティートルに採用された時から始まる。ゲルゼンキルヒェン、カールスルーエ、ハノーファーで経験を積んだ後、1985年にデュッセルドルフのライン歌劇場のカペルマイスターとなり、1988年には当時、ドイツ国内では最年少でニュルンベルク州立歌劇場の音楽監督に就任した。1997年、古巣ベルリン・ドイツ・オペラの音楽監督に就任。7年間務めた後、2004年から2011年まではミュンヘン・フィルハーモニー管弦楽団の音楽監督を務めた。

ドイツ・ロマン派のオペラ、またコンサートレパートリーにおいて、ティーレマンの解釈は模範的なものとして世界的に知られている。2000年のデビュー以来、バイロイト音楽祭には毎年客演を重ねる。2011年のザルツブルク音楽祭ではR・シュトラウスの《影のない女》を指揮し、『オーパンヴェルト』誌の「年間最優秀指揮者」に選ばれた。ドレスデン・シュターツカペレとのブラームス・チクルスはCD、DVD化されているほか、ウィーン・フィルハーモニー管弦楽団とはベートーヴェン交響曲全集を収録している。 2013年よりザルツブルク・イースター音楽祭の芸術監督。ロンドンの王立音楽アカデミーから名誉会員の資格を授与されたほか、フランツ・リスト・ヴァイマール音楽大学および、ベルギーのルーヴェン・カトリック大学より、名誉博士としての学位を授与されている。