Sonderkonzert Staatskapelle & Thielemann I

クリスティアン・ティーレマン Dirigent
ルドルフ・ブフビンダー Klavier

リヒャルト・シュトラウス

  • Fanfare für Blechbläser und Pauken zur Eröffnung der Musikwoche der Stadt Wien TrV 250
  • Wiener Philharmoniker Fanfare für Blechblasinstrumente und Pauken TrV 248

ルートヴィヒ・ヴァン・ベートーヴェン

  • ピアノ協奏曲第4番ト長調 op. 58

アルノルト・シェーンベルク

  • »Verklärte Nacht« op. 4 (Fassung für Streichorchester)

»Die Kunst will von uns, daß wir nicht stehenbleiben.« So konsequent wie kaum ein Komponist vor ihm geht Beethoven in seiner Musik neue Wege. Kein Zufall also, dass sein Viertes Klavierkonzert erstmals in der Geschichte der Gattung mit einem Soloeinsatz des Klaviers beginnt. Das Ideal einer Weiterentwicklung der Musik inspiriert auch Arnold Schönberg, als er 25-jährig in seinem Opus 4 das Prinzip der Tondichtung ins Kammermusikalische überträgt. In der Bearbeitung für Streichorchester ist »Verklärte Nacht« mit seiner spätromantischen Klangsprache heute eines der beliebtesten des Komponisten. Richard Strauss’ eindrucksvolle Wiener Philharmoniker Fanfare eröffnet den Abend.

voraussichtliche Konzertdauer: ca. 90 Minuten, mit Pause

Bitte beachten Sie: Während des gesamten Konzerts besteht durchgehend die Pflicht zum Tragen einer Mund-Nasen-Bedeckung – auch, wenn der Sitzplatz eingenommen wurde.

 

  • 27.10.2020
    20:00 Uhr
    Kulturpalast Dresden
    Tickets

クリスティアン・ティーレマン

首席指揮者

2012/2013シーズンより、首席指揮者としてドレスデン・シュターツカペレを率いる。熱狂的な就任記念演奏会の後、『フランクフルター・アルゲマイネ・ツァイトゥング』紙は、ティーレマンがオーケストラを「誉れ高い奇跡とも呼べるハープの響き」へ導いたと評した。 ティーレマンのキャリアは1978年、ベルリン・ドイツ・オペラでコレペティートルに採用された時から始まる。ゲルゼンキルヒェン、カールスルーエ、ハノーファーで経験を積んだ後、1985年にデュッセルドルフのライン歌劇場のカペルマイスターとなり、1988年には当時、ドイツ国内では最年少でニュルンベルク州立歌劇場の音楽監督に就任した。1997年、古巣ベルリン・ドイツ・オペラの音楽監督に就任。7年間務めた後、2004年から2011年まではミュンヘン・フィルハーモニー管弦楽団の音楽監督を務めた。

ドイツ・ロマン派のオペラ、またコンサートレパートリーにおいて、ティーレマンの解釈は模範的なものとして世界的に知られている。2000年のデビュー以来、バイロイト音楽祭には毎年客演を重ねる。2011年のザルツブルク音楽祭ではR・シュトラウスの《影のない女》を指揮し、『オーパンヴェルト』誌の「年間最優秀指揮者」に選ばれた。ドレスデン・シュターツカペレとのブラームス・チクルスはCD、DVD化されているほか、ウィーン・フィルハーモニー管弦楽団とはベートーヴェン交響曲全集を収録している。 2013年よりザルツブルク・イースター音楽祭の芸術監督。ロンドンの王立音楽アカデミーから名誉会員の資格を授与されたほか、フランツ・リスト・ヴァイマール音楽大学および、ベルギーのルーヴェン・カトリック大学より、名誉博士としての学位を授与されている。

ルドルフ・ブフビンダー

ルドルフ・ブフビンダーは、現代を代表するピアニスト。2010/11年シーズンには、ドレスデン・シュターツカペレのカペル・ヴィルトゥオーゾを務めた。以降、ドレスデン・シュターツカペレと緊密な関係にある。

2012年には、「エコー・クラシック」賞で「今年の器楽奏者」に選ばれている。