Gustav Mahler Jugendorchester

マンフレート・ホーネック 指揮
マティアス・ゲルネ バリトン
グスタフ・マーラー・ユーゲント管弦楽団

リヒャルト・ワーグナー

  • »Tristan und Isolde« - Vorspiel zum ersten Aufzug
  • »Tristan und Isolde« - Monolog vom König Marke
  • »Tristan und Isolde« - Liebestod

ドミトリー・ショスタコーヴィチ

  • 交響曲第10番ホ短調 op. 93

Chronist seiner Zeit

Acht Jahre lang hatte Dmitri Schostakowitsch als Symphoniker geschwiegen, ehe er im Juni 1953 – nur wenige Monate nach Stalins Tod – mit der Komposition der Zehnten Symphonie begann. Geprägt von düsteren Klangbildern und grüblerischen, introspektiven Motiven, lässt sich das Werk als musikalischer Ausdruck der historischen Ereignisse in der Sowjetunion deuten. Der zweite Satz steht hierfür beispielhaft: Das für Schostakowitsch ungewöhnlich kurze Scherzo »ist, grob gesagt, ein musikalisches Porträt Stalins«, so der Komponist selbst. Eröffnet wird das erste Konzert der Saison mit Auszügen aus Richard Wagners Musikdrama »Tristan und Isolde«.

Mit freundlicher Unterstützung durch die 
Volkswagen Aktiengesellschaft

  • 31.08.2021
    20:00 Uhr
    Semperoper
    Tickets
    チケット価格:
    11.00 – 16.00 €

マンフレート・ホーネック

マンフレート・ホーネックは、ウィーン・フィル団員として活躍しながら、クラウディオ・アバドのアシスタントを務めた。指揮者としては、チューリヒ歌劇場の第1カペルマイスターとしてキャリアをスタート。2008年からは、ピッツバーグ響の音楽監督を務める。

2007年から11年までは、シュトゥットガルト国立歌劇場の音楽総監督を務めた。マーラー交響曲第4番のCDは、インターナショナル・クラシカル・ミュージック・アワードを受賞している。

マティアス・ゲルネ

ワイマールに生まれ、ハンス=ヨアヒム・バイヤー、エリーザベト・シュヴァルツコプフ、ディートリヒ・フィッシャー=ディースカウのもとで学んだ。現代を代表する世界的バリトン歌手の一人であり、ウィーン国立歌劇場、ドレスデン国立歌劇場、ロイヤル・オペラ、チューリヒ歌劇場、メトロポリタン歌劇場など、多くの著名な歌劇場に出演している。

オペラでは、ピツァロ、ヴォルフラム、アムフォルタス、クルヴェナール、オレストなどの役を得意とする。2015/2016年シーズンは、パリ管弦楽団、ロンドン・フィル、アムステルダム・コンセルトヘボウ管弦楽団、ニューヨーク・フィル、NHK交響楽団などと共演した。ロンドンの王立音楽アカデミーの名誉会員。

グスタフ・マーラー・ユーゲント管弦楽団

音楽監督:クラウディオ・アバド 2009年より毎年、グスタフ・マーラー・ユーゲント・オーケストラは、ドレスデン・シュターツカペレのシーズンオープニング公演の招待を受けている。シュターツカペレの多くの団員が、世界的な名声を持つこのユースオーケストラで最初のオーケストラ経験を積んでいることは偶然ではない。この2つのオーケストラは強い結び付きのもとにあり、それはドレスデン・シュターツカペレがグスタフ・マーラー・ユーゲント管を引き取る形での協力関係ゆえである。2つのオーケストラの団員が同じ場で演奏し、直接的に交流することで、若き音楽家たちは年上の団員の豊富な経験を得るチャンスを与えられる。この方法での最初のプロジェクトは2012年11月、ウラジミール・ユロフスキ指揮によるドレスデン・フラウエン教会のコンサートにおいてだった。

<span

style="FONT-FAMILY: "ヒラギノ角ゴ Pro W3", "Hiragino Kaku Gothic Pro", "メイリオ ", Meiryo, "MS Pゴシック", sans-serif; COLOR: rgb(51,51,51); LINE-HEIGHT: 17px">グスタフ・マーラー・ユーゲント・オーケストラは、1986年に現在の音楽監督であるクラウディオ・アバドにより設立され、当初はチェコスロバキア(当時)、ハンガリー、オーストリアの若い音楽家から構成された。1992年からは、ヨーロッパの全ての国から団員のオーディションを募っている。今日まで欧州評議会により後援を受けている唯一のユース・オーケストラであり、過去10年、世界中の重要な演奏会や音楽祭に招待されてきた。そこでは、ヘルベルト・ブロムシュテット、サー・コリン・デイヴィス、ベルナルド・ハイティンク、マリス・ヤンソンス、小澤征爾、ピエール・ブーレーズなどの指揮者と共演した。