Silvesterkonzert der Staatskapelle Dresden

クリスティアン・ティーレマン 指揮
Hanna-Elisabeth Müller ズデンカ
クリスタ・マイヤー アルト
Klaus Florian Vogt テノール
ゲオルク・ツェッペンフェルト バス
ドレスデン国立歌劇場合唱団 合唱指揮:イェルク・ヘンネルク・アンドレーセン

ルートヴィヒ・ヴァン・ベートーヴェン

  • 交響曲第9番ニ短調 op. 125

»Freude!«

Der Brauch, den Jahreswechsel mit Ludwig van Beethovens Neunter zu feiern, geht auf Arthur Nikisch zurück: Dieser dirigierte zu Silvester 1918 vor tausenden Arbeitern die Symphonie zu einer »Friedensfeier«, bei der das »Freudenthema« genau um Mitternacht erklang. So wurde er zum Geburtshelfer einer Tradition, die schnell in aller Welt Fuß fasste. Dennoch lohnt es sich, dieses radikalste sym­phonische Werk der Musikgeschichte jedes Mal neu zu erleben: Dann nämlich fühlt man die existenzielle Wucht der Uraufführung, als dem Publikum angesichts des Einsatzes menschlicher Stimmen im Finale und völlig unvorbereiteter harmonischer Wendungen regelrecht der Atem stockte.

Konzertdauer: ca. 80 Minuten, keine Pause

Sendetermin: 29. Dezember 2022, ab 22.15 Uhr im ZDF
  • 29.12.2022
    19:00 Uhr
    Semperoper
    Tickets
    チケット価格:
    120.00 – 250.00 €
  • 30.12.2022
    19:00 Uhr
    Semperoper
    Tickets
    チケット価格:
    120.00 – 250.00 €
  • 31.12.2022
    17:00 Uhr
    Semperoper
    Tickets
    チケット価格:
    120.00 – 310.00 €

クリスティアン・ティーレマン

首席指揮者

2012/2013シーズンより、首席指揮者としてドレスデン・シュターツカペレを率いる。熱狂的な就任記念演奏会の後、『フランクフルター・アルゲマイネ・ツァイトゥング』紙は、ティーレマンがオーケストラを「誉れ高い奇跡とも呼べるハープの響き」へ導いたと評した。 ティーレマンのキャリアは1978年、ベルリン・ドイツ・オペラでコレペティートルに採用された時から始まる。ゲルゼンキルヒェン、カールスルーエ、ハノーファーで経験を積んだ後、1985年にデュッセルドルフのライン歌劇場のカペルマイスターとなり、1988年には当時、ドイツ国内では最年少でニュルンベルク州立歌劇場の音楽監督に就任した。1997年、古巣ベルリン・ドイツ・オペラの音楽監督に就任。7年間務めた後、2004年から2011年まではミュンヘン・フィルハーモニー管弦楽団の音楽監督を務めた。

ドイツ・ロマン派のオペラ、またコンサートレパートリーにおいて、ティーレマンの解釈は模範的なものとして世界的に知られている。2000年のデビュー以来、バイロイト音楽祭には毎年客演を重ねる。2011年のザルツブルク音楽祭ではR・シュトラウスの《影のない女》を指揮し、『オーパンヴェルト』誌の「年間最優秀指揮者」に選ばれた。ドレスデン・シュターツカペレとのブラームス・チクルスはCD、DVD化されているほか、ウィーン・フィルハーモニー管弦楽団とはベートーヴェン交響曲全集を収録している。 2013年よりザルツブルク・イースター音楽祭の芸術監督。ロンドンの王立音楽アカデミーから名誉会員の資格を授与されたほか、フランツ・リスト・ヴァイマール音楽大学および、ベルギーのルーヴェン・カトリック大学より、名誉博士としての学位を授与されている。

クリスタ・マイヤー

クリスタ・マイヤーは、バイエルン・ジングアカデミーとミュンヘンの音楽大学で、声楽を専攻。バイエルン国立歌劇場、

ベルリン・ドイツ・オペラのほか、グラーツ、ヴェネチア、フィレンツェのオペラハウスに客演した。2007年には、ズービン・メータ指揮のもと、バレンシア歌劇場の《ニーベルングの指環》で成功。翌年には、クリスティアン・ティーレマン指揮でバイロイト音楽祭にデビューしている。ドレスデン国立歌劇場には、2001年よりアンサンブルに属し、様々な役柄で活躍。ドレスデン・シュターツカペレの演奏会にも、出演を重ねている。

Klaus Florian Vogt

ドイツ、ホルシュタイン出身。1997年までハンブルク・フィルのホルン奏者を務める。同時に声楽をリューベック音楽大学で学び、1997年よりフレンスブルク州立劇場で歌った。翌年、ドレスデン・ゼンパーオーパーに移籍し、アンサンブル歌手として活躍する。現在、ワーグナー等の初役で活躍し、メット、ウィーン国立歌劇場等で幅広いレパートリーを歌っている。

ゲオルク・ツェッペンフェルト

バス

ミュンスターとボンの歌劇場での最初の舞台経験の後、2001年にドレスデン国立歌劇場と契約、それ以来ドレスデンを活動の中心とする。ウィーン国立歌劇場、ミラノ・スカラ座、グラインドボーン音楽祭などに客演し、ザルツブルク音楽祭、ニューヨーク・メトロポリタン歌劇場の舞台などにも立つ。

バイロイト音楽祭では《ローエングリン》でハインリヒ王を、《ニュルンベルクのマイスタージンガー》でファイト・ポーグナー役を務める。舞台のほか、コンサート・バス歌手としても国際的に活動の範囲を広げ、世界トップクラスのオーケストラと共演している。

ドレスデン国立歌劇場合唱団

合唱指揮:イェルク・ヘンネルク・アンドレーセン

 

Heute gilt der Sächsische Staatsopernchor als einer der besten Opernchöre Europas. Seine Auftritte in Opernvorstellungen, seine Mitwirkung in Konzerten, bei Rundfunk-, Fernseh- und CD-Produktionen, die kontinuierliche Präsenz bei Festspielen und auf Tourneen brachten ihm auch weltweit Beachtung sowie höchste Wertschätzung ein.

Besonders prägend für den Staatsopernchor war die Arbeit mit dem Dirigenten Giuseppe Sinopoli, der das künstlerische Potential als bei weitem noch nicht ausgeschöpft betrachtete. In zahlreichen CD-Produktionen wuchs das Chorensemble immer wieder über sich hinaus. In den Jahren nach Sinopolis plötzlichem Tod gelang durch kontinuierliche Arbeit eine Konsolidierung der künstlerischen Qualität.

Wie in allen künstlerischen Sparten der Sächsischen Staatsoper Dresden spielt auch im Staatsopernchor die enge Verknüpfung von Tradition, gegenwärtiger künstlerischer Verantwortung und Ausrichtung auf die Herausforderungen der Zukunft eine entscheidende Rolle.

Seit 2013 ist der Sächsische Staatsopernchor gemeinsam mit der Sächsischen Staatskapelle Dresden ständiger Gast bei den Osterfestspielen in Salzburg, deren Künstlerische Leitung in den Händen von Christian Thielemann liegt.

Am 8. Oktober 2017 feierte der Sächsische Staatsopernchor Dresden sein 200-jähriges Chorjubiläum.