Sonderkonzert am Vorabend der Internationalen Schostakowitsch Tage Gohrisch

アンドレス・オロスコ=エストラーダ 指揮
ハーカン・ハーデンベルガー トランペット

モイセイ・ヴァインベルク

  • Trompetenkonzert op. 94

ドミトリー・ショスタコーヴィチ

  • 交響曲第5番ニ短調 op. 47

Doppelbödigkeit

Der Terror und politische Druck des stalinisti­schen Musiklebens trafen 1936 Dmitri Schos­takowitsch direkt. Der offenen Androhung von Konsequenzen konnte sich der Komponist nur entziehen, indem er sich als Geläuterter gab – die Fünfte war der Versuch einer öffentlichen Rehabilitierung. Doch ist die Interpretation der Symphonie nie eindeutig: Richtet sich der Militärmarsch im ersten Satz gegen äußere Feinde oder vielmehr gegen den sowjetischen Terror selbst? Führen Ländler und Blaskapelle im zweiten Satz das System Stalins ad absur­dum? Wem gilt der bewegende Klagegesang des dritten Satzes? Und wirkt der Jubel des Finales nicht, wie Schostakowitsch später be­haupte, wie »unter Drohungen erzwungen«?

Konzertdauer: ca. 100 Minuten, einschließlich 20 Minuten Pause

  • 21.06.2023
    20:00 Uhr
    Kulturpalast Dresden
    Tickets
    チケット価格:
    12.00 – 45.00 €

アンドレス・オロスコ=エストラーダ

コロンビアに生まれ、ウィーンで学ぶ。2014/15年シーズンよりフランクフルトhr交響楽団の首席指揮者を務めると同時に、ヒューストン交響楽団の音楽監督も任されている。また、2015年9月にはロンドン・フィルハーモニー管弦楽団の首席客演指揮者となった。国際舞台のデビューは2004年、ウィーン楽友協会にてトーンキュンストラー管弦楽団を指揮したことにより注目を浴びる。2009年から15年までトーンキュンストラー管弦楽団の首席指揮者を、2009年から13年までバスク国立管弦楽団の首席指揮者を務めた。

 

これまでにウィーン・フィル、ミュンヘン・フィル、ゲヴァントハウス管弦楽団、ロンドン交響楽団、バーミンガム市交響楽団などを指揮している。最近はアムステルダム・コンセルトヘボウ管弦楽団、ピッツバーグ交響楽団、イスラエル・フィルなどにデビューを果たした。

ハーカン・ハーデンベルガー