11. Symphoniekonzert

チョン・ミョンフン 指揮

Gabriel Fauré

  • »Pelléas et Mélisande« Suite op. 80

モーリス・ラヴェル

  • »Daphnis et Chloé« Suite Nr. 2

クロード・ドビュッシー

  • 交響詩《海》

モーリス・ラヴェル

  • 舞踏詩《ラ・ヴァルス》

Tänzerische Traumwelten

Ein idealisiertes Griechenland seiner Träume wollte Ravel mit »Daphnis et Chloé« entste­hen lassen. Die »symphonischen Fragmente« der zweiten Suite aus der Ballettmusik führen durch Stationen der Handlung, von der auf­gehenden Morgensonne über Pastorale und Pantomime bis zum ausgelassen Schluss-Bac­chanal. Tänzerisches verarbeitete er später auch in »La Valse«: der rauschhafte Walzer steigert sich zur Apotheose und führt schließ­lich wirbelnd zum Abgrund. Eine geheimnis­voll-düstere Atmosphäre umgibt auch Faurés »Pelléas et Mélisande«-Suite. Mit Schatten und Licht setzte Debussy in »La Mer« den Spiegelungen und Wogen des Wassers ein tönendes Denkmal.

 

Eine kostenlose Konzerteinführung findet 45 Minuten vor Beginn im Opernkeller statt.

voraussichtliche Konzertdauer: ca. 75 Minuten

Das Konzert wird von MDR Kultur mitgeschnitten.
  • 18.06.2021
    19:00 Uhr
    Semperoper
    Verkauf vorerst beendet
  • 19.06.2021
    11:00 Uhr
    Semperoper
    Verkauf vorerst beendet
  • 20.06.2021
    19:00 Uhr
    Semperoper
    Verkauf vorerst beendet

チョン・ミョンフン

首席客演指揮者

チョン・ミョンフンは、今日世界でもっとも高い名声を持つ音楽家の一人である。2001年から定期的にドレスデン・シュターツカペレに登場し、多くのコンサート、オペラ、またツアーでこのオーケストラを指揮してきた。ソウルに生まれ、ピアノとしてキャリアをスタート。1979年、ロサンジェルス・フィルハーモニックでカルロ・マリア・ジュリーニのアシスタント指揮者となる。1984年、ザールブリュッケン放送交響楽団の首席指揮者に就任し、その後パリのバスティーユ歌劇場、ローマ聖チェチーリア音楽院管弦楽団の音楽監督となる。2000年からはフランス放送フィルハーモニー管弦楽団の音楽監督の任にあり、その他、東京フィルハーモニー交響楽団のスペシャル・アーティスティック・アドバイザー、ソウル・フィルハーモニー管弦楽団の音楽監督として、故郷アジアの音楽界の強化にも努めている。

また、ヒューマニズムと環境保護のプロジェクトにも力を注ぎ、2008年ユニセフ国際親善大使に任命。2010年秋、「チョン・メシアン・プロジェクト」にて、友人であり、師でもあったオリヴィエ・メシアンの《世の終わりのための四重奏曲》をシュターツカペレの団員と共演、またゼンパーオーパーでは トゥーランガリラ交響曲を指揮した。2012/2013年シーズンより、チョン・ミョンフンはドレスデン・シュターツカペレの首席客演指揮者を務め、一層緊密な共同作業が期待される。