5. Symphoniekonzert

クリスティアン・ティーレマン 指揮
アニヤ・ハルテロス ソプラノ
ゲオルク・ツェッペンフェルト バス

リヒャルト・シュトラウス

  • Festmusik der Stadt Wien
  • Zwei Gesänge für eine tiefe Bassstimme mit Orchesterbegleitung op. 51
  • Festliches Präludium op. 61
  • »Tod und Verklärung« op. 24
  • 《4つの最後の歌》

Abschiedsmusiken

Einen »wahrhaft poetischen Inhalt« suchte Richard Strauss für seine Tondichtungen. In »Tod und Verklärung« fand er diesen in den letzten Stunden eines Sterbenden, die er, in Klangsprache übersetzt, detailliert nach­zeichnet. 1889 niedergeschrieben, kommt er Jahre später auf diese Musik zurück und verarbeitet zentrale Motive im letzten seiner »Vier letzten Lieder«. Strauss-Experte Chris­tian Thielemann stellt beiden Werken unter anderem zwei Gelegenheitskompositionen voran, die eher selten im Konzert erklingen: Die Festmusik entstand als Dank für die Verleihung des Beethoven-Preises der Stadt Wien, das Festliche Präludium 1913 zur Er­öffnung des Wiener Konzerthauses.

 

Eine kostenlose Konzerteinführung findet 45 Minuten vor Beginn im Opernkeller statt.

voraussichtliche Konzertdauer: ca. 105 Minuten, mit Pause

  • 13.12.2020
    11:00 Uhr
    Semperoper
    チケット
    チケット価格:
    66.00 €
  • 14.12.2020
    20:00 Uhr
    Semperoper
    Ausverkauft
  • 15.12.2020
    20:00 Uhr
    Semperoper
    Ausverkauft

クリスティアン・ティーレマン

首席指揮者

2012/2013シーズンより、首席指揮者としてドレスデン・シュターツカペレを率いる。熱狂的な就任記念演奏会の後、『フランクフルター・アルゲマイネ・ツァイトゥング』紙は、ティーレマンがオーケストラを「誉れ高い奇跡とも呼べるハープの響き」へ導いたと評した。 ティーレマンのキャリアは1978年、ベルリン・ドイツ・オペラでコレペティートルに採用された時から始まる。ゲルゼンキルヒェン、カールスルーエ、ハノーファーで経験を積んだ後、1985年にデュッセルドルフのライン歌劇場のカペルマイスターとなり、1988年には当時、ドイツ国内では最年少でニュルンベルク州立歌劇場の音楽監督に就任した。1997年、古巣ベルリン・ドイツ・オペラの音楽監督に就任。7年間務めた後、2004年から2011年まではミュンヘン・フィルハーモニー管弦楽団の音楽監督を務めた。

ドイツ・ロマン派のオペラ、またコンサートレパートリーにおいて、ティーレマンの解釈は模範的なものとして世界的に知られている。2000年のデビュー以来、バイロイト音楽祭には毎年客演を重ねる。2011年のザルツブルク音楽祭ではR・シュトラウスの《影のない女》を指揮し、『オーパンヴェルト』誌の「年間最優秀指揮者」に選ばれた。ドレスデン・シュターツカペレとのブラームス・チクルスはCD、DVD化されているほか、ウィーン・フィルハーモニー管弦楽団とはベートーヴェン交響曲全集を収録している。 2013年よりザルツブルク・イースター音楽祭の芸術監督。ロンドンの王立音楽アカデミーから名誉会員の資格を授与されたほか、フランツ・リスト・ヴァイマール音楽大学および、ベルギーのルーヴェン・カトリック大学より、名誉博士としての学位を授与されている。

アニヤ・ハルテロス

ケルン音楽大学在学中に、最年少の23歳にしてゲルゼンキルヒェンとボンの歌劇場と契約を結ぶ。1999年、BBCカーディフ・シンガー・オブ・ザ・ワールドで優勝した後、メトロポリタン歌劇場、ミラノ・スカラ座、ミュンヘン、ウィーン、ベルリン、ハンブルクなどの国立歌劇場、ドレスデン国立歌劇場など著名な歌劇場で国際的キャリアを歩む。

ズービン・メータ、リッカルド・ムーティ、ジェームズ・レヴァインなど名指揮者とも共演している。

ゲオルク・ツェッペンフェルト

バス

ミュンスターとボンの歌劇場での最初の舞台経験の後、2001年にドレスデン国立歌劇場と契約、それ以来ドレスデンを活動の中心とする。ウィーン国立歌劇場、ミラノ・スカラ座、グラインドボーン音楽祭などに客演し、ザルツブルク音楽祭、ニューヨーク・メトロポリタン歌劇場の舞台などにも立つ。

バイロイト音楽祭では《ローエングリン》でハインリヒ王を、《ニュルンベルクのマイスタージンガー》でファイト・ポーグナー役を務める。舞台のほか、コンサート・バス歌手としても国際的に活動の範囲を広げ、世界トップクラスのオーケストラと共演している。