7. Symphoniekonzert

ダニエーレ・ガッティ 指揮
フランク・ペーター・ツィンマーマン ヴァイオリン

Giuseppe Sinopoli

  • V Scena aus der »Lou Salomé« Suite Nr. 1

ローベルト・シューマン

  • ヴァイオリン協奏曲ニ短調(遺作)
  • Symphonie Nr. 3 Es-Dur op. 97 »Rheinische«

Hommage an Sinopoli

Mit einem am Repertoire des Capell-Com­positeurs und ehemaligen Chefdirigenten der Staatskapelle, Giuseppe Sinopoli, orientierten Programm kehrt Daniele Gatti nach Dres­den zurück. Einem Ausschnitt aus Sinopolis Oper »Lou Salomé« folgt das erst 1937 ur­aufgeführte Violinkonzert des zeitweiligen Dresdners Robert Schumann. Zu dessen Sym­phonien pflegte Sinopoli stets eine besondere Verbindung: So realisierte er in Dresden nicht nur den kompletten Zyklus, sondern dirigier­te die Erste Schumanns außerdem in seinem letzten Kapellkonzert 2001.

 

Eine kostenlose Konzerteinführung findet 45 Minuten vor Beginn im Opernkeller statt.

voraussichtliche Konzertdauer: ca. 95 Minuten

Das Konzert wird von MDR Kultur mitgeschnitten.
  • 05.03.2021
    19:00 Uhr
    Semperoper
    Verkauf vorerst beendet
  • 06.03.2021
    11:00 Uhr
    Semperoper
    Verkauf vorerst beendet
  • 07.03.2021
    19:00 Uhr
    Semperoper
    Verkauf vorerst beendet

ダニエーレ・ガッティ

指揮

ダニエーレ・ガッティは、イタリア出身。2008年からは、フランス国立管の首席指揮者を務め、09~12年には、チューリヒ歌劇場の音楽監督の任にあった。客演指揮者としては、ウィーン・フィル、ロイヤル・コンセルトヘボウ管、バイエルン放送響等に客演。

バイロイト音楽祭、ザルツブルク音楽祭でワーグナー《パルジファル》、《ニュルンベルクのマイスタージンガー》、ヴェルディ《トロヴァトーレ》を指揮している。

フランク・ペーター・ツィンマーマン

フランク・ペーター・ツィンマーマンは、すでに10歳でオーケストラとの初共演を果たした。以来、世界中の重要なホールで客演し続け、聴衆と批評家に感動を与えている。そのレパートリーは、ヨハン・ゼバスティアン・バッハの作品から、ロマン派のヴァイオリン協奏曲、現代音楽に至るまで極めて幅広く、最近ではブレット・ディーン、マティアス・ピンチャー、アウグスタ・リード・トーマスのヴァイオリン協奏曲を初演した。

ドレスデン・シュターツカペレとは定期的に共演しており、2010年にはネーメ・ヤルヴィの指揮でブラームスのヴァイオリン協奏曲を演奏、スカンジナビア・ツアーにもソリストとして随行した。