9. Symphoniekonzert

ダニエル・ハーディング 指揮

Giuseppe Sinopoli

  • »Tombeau d'Armor II« für Orchester

グスタフ・マーラー

  • 交響曲第5番嬰ハ短調

Wellenschlagen der Seele

IN GEDENKEN AN GIUSEPPE SINOPOLI ZUM 20. TODESTAG

Für Giuseppe Sinopoli vollzieht sich in Gustav Mahlers Werk »das Eindringen einer psycho­logischen Welt in die Musik«. In seinen Sym­phonien schuf Mahler einen komplexen Kos­mos, der »mit allen Mitteln der vorhandenen Technik eine Welt« erschafft. »Urweltsklänge« hörte der Komponist somit auch in seiner fünf­ten Symphonie – seine erste im damals neuen 20. Jahrhundert und die erste, die sich als ein rein musikalisch konzipiertes Werk vorstellt. Den orchestralen Charakter in den Mittelpunkt rückend, fand Mahler in der Fünften durch die Verbindung von polyphonem Reichtum und innigen melodischen Wendungen zu einer neuen symphonischen Gestalt.

 

Das Konzert findet ohne Pause statt.
Eine kostenlose Konzerteinführung findet 45 Minuten vor Beginn im Opernkeller statt.

  • 18.04.2021
    11:00 Uhr
    Semperoper
    チケット
    チケット価格:
    67.00 – 82.00 €
  • 19.04.2021
    20:00 Uhr
    Semperoper
    チケット
    チケット価格:
    45.00 – 67.00 €
  • 20.04.2021
    20:00 Uhr
    Semperoper
    チケット
    チケット価格:
    45.00 – 67.00 €

ダニエル・ハーディング

オックスフォード生まれ。バーミンガム市交響楽団でサー・サイモン・ラトルのもとに学び、1994年同楽団にデビューを果たす。後に、ベルリン・フィルハーモニー管弦楽団にてクラウディオ・アバドのアシスタントを務め、1996年にベルリン芸術週間で同楽団にデビューした。現在、スウェーデン放送交響楽団の音楽監督、ロンドン交響楽団の首席客演指揮者、新日本フィルハーモニー交響楽団のミュージックパートナーを務める。

 

これまで2003年から2011年までマーラー・チェンバー・オーケストラの首席指揮者及び音楽監督、1997年から2000年までトロンハイム交響楽団の首席指揮者、1997年から2003年までドイツ・カンマーフィルハーモニー管弦楽団の音楽監督などを歴任した。2016年秋からはパリ管弦楽団の首席指揮者を務めている。