Radiokonzert: 7. Symphoniekonzert

ダニエーレ・ガッティ 指揮
フランク・ペーター・ツィンマーマン ヴァイオリン

ローベルト・シューマン

  • ヴァイオリン協奏曲ニ短調(遺作)
  • Symphonie Nr. 3 Es-Dur op. 97 »Rheinische«

Radiokonzert mit Schumann

Das Violinkonzert d-Moll von 1853 ist Robert Schumanns letzte Komposition für Orchester. Erst 84 Jahre nach seiner Entstehung erschien es 1937 in einer fehlerhaften Druckausgabe, erstmals öffentlich erklang es – begleitet von nationalsozialistischer Propaganda – im November 1937 in Berlin mit Georg Kulenkampff und den Berliner Philharmonikern unter Karl Böhm. Dabei sah seine Entstehungsgeschichte ein anderes Szenario vor: Dem genialen Geiger Joseph Joachim zugeeignet, stelle Schumann sein Violinkonzert innerhalb von nur wenigen Tagen fertig. Ende Januar 1854 fanden erste Orchesterproben in Anwesenheit des Komponisten in Hannover statt – die darauf geplante Premiere kam allerdings aufgrund der zunehmenden psychischen Leiden Schumanns und der anschließenden Einweisung in die Nervenheilanstalt Endenich nicht mehr zustande. 

12. März 2021, ab 20.05 Uhr bei MDR Kultur & MDR Klassik.
  • 12.03.2021
    20:05 Uhr
    Semperoper

ダニエーレ・ガッティ

指揮

ダニエーレ・ガッティは、イタリア出身。2008年からは、フランス国立管の首席指揮者を務め、09~12年には、チューリヒ歌劇場の音楽監督の任にあった。客演指揮者としては、ウィーン・フィル、ロイヤル・コンセルトヘボウ管、バイエルン放送響等に客演。

バイロイト音楽祭、ザルツブルク音楽祭でワーグナー《パルジファル》、《ニュルンベルクのマイスタージンガー》、ヴェルディ《トロヴァトーレ》を指揮している。

フランク・ペーター・ツィンマーマン

フランク・ペーター・ツィンマーマンは、すでに10歳でオーケストラとの初共演を果たした。以来、世界中の重要なホールで客演し続け、聴衆と批評家に感動を与えている。そのレパートリーは、ヨハン・ゼバスティアン・バッハの作品から、ロマン派のヴァイオリン協奏曲、現代音楽に至るまで極めて幅広く、最近ではブレット・ディーン、マティアス・ピンチャー、アウグスタ・リード・トーマスのヴァイオリン協奏曲を初演した。

ドレスデン・シュターツカペレとは定期的に共演しており、2010年にはネーメ・ヤルヴィの指揮でブラームスのヴァイオリン協奏曲を演奏、スカンジナビア・ツアーにもソリストとして随行した。