»Variation«: 11. Symphoniekonzert

チョン・ミョンフン 指揮

Gabriel Fauré

  • »Pelléas et Mélisande« Suite op. 80

アントニン・ドヴォルザーク

  • 交響曲第9番ホ短調《新世界より》 op. 95

Tänzerische Traumwelten

»Die Amerikaner erwarten große Dinge von mir, vor allem soll ich ihnen den Weg ins gelobte Land und in das Reich der neuen, selbständigen Kunst weisen.« Als Antonín Dvořák 1892 in New York die künstlerische Leitung des National Conservatory of Music zu übernahm, stürzte er sich in diese Aufgabe und ließ sich von afroamerikanischen und indigenen Musiktraditionen zu seiner zweifellos berühmtesten Symphonie inspirieren. In eine ganz andere »Neuen Welt« brach genau zeitgleich der belgische Autor Maurice Maeterlinck auf: Sein Drama »Pelléas et Mélisande« gilt als Hauptwerk des Symbolismus. Gabriel Faurés Schauspielmusik, anlässlich der Londoner Erstaufführung 1898 entstanden, ist die früheste musikalische Auseinandersetzung mit dem Drama, das später auch Debussy, Schönberg und Sibelius anregen sollte.

voraussichtliche Konzertdauer: ca. 70 Minuten, keine Pause

Das Konzert wird am 18. Juni 2021 ab 20 Uhr live von MDR Kultur & MDR Klassik übertragen.
  • 18.06.2021
    20:00 Uhr
    Semperoper
    Ausverkauft
  • 19.06.2021
    19:00 Uhr
    Semperoper
    Ausverkauft
  • 20.06.2021
    11:00 Uhr
    Semperoper

チョン・ミョンフン

首席客演指揮者

チョン・ミョンフンは、今日世界でもっとも高い名声を持つ音楽家の一人である。2001年から定期的にドレスデン・シュターツカペレに登場し、多くのコンサート、オペラ、またツアーでこのオーケストラを指揮してきた。ソウルに生まれ、ピアノとしてキャリアをスタート。1979年、ロサンジェルス・フィルハーモニックでカルロ・マリア・ジュリーニのアシスタント指揮者となる。1984年、ザールブリュッケン放送交響楽団の首席指揮者に就任し、その後パリのバスティーユ歌劇場、ローマ聖チェチーリア音楽院管弦楽団の音楽監督となる。2000年からはフランス放送フィルハーモニー管弦楽団の音楽監督の任にあり、その他、東京フィルハーモニー交響楽団のスペシャル・アーティスティック・アドバイザー、ソウル・フィルハーモニー管弦楽団の音楽監督として、故郷アジアの音楽界の強化にも努めている。

また、ヒューマニズムと環境保護のプロジェクトにも力を注ぎ、2008年ユニセフ国際親善大使に任命。2010年秋、「チョン・メシアン・プロジェクト」にて、友人であり、師でもあったオリヴィエ・メシアンの《世の終わりのための四重奏曲》をシュターツカペレの団員と共演、またゼンパーオーパーでは トゥーランガリラ交響曲を指揮した。2012/2013年シーズンより、チョン・ミョンフンはドレスデン・シュターツカペレの首席客演指揮者を務め、一層緊密な共同作業が期待される。